500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「任せて安心」という『信頼』を獲得して初めて、大きなチャンスは訪れる

1369号2017/11/13更新

(本日のお話 2100文字/読了時間3分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は1日、テニスで汗を書き、
カフェでひたすら読書の1日。

土曜日は、ほぼ朝までフルスロットルだったため、
日曜日は若干ガス欠気味でしたが、頭を休ませ、復活いたしました。

皆さま、今週も頑張りましょう!




さて、本日のお話です。

最近はずっと「新入社員研修」の導入検討とのことでご相談をいただき、
色々な会社に訪問をする日々です。

この時期、多くの人事の方が、
新入社員研修について検討されていること、
強く感じております。


さて、その中で、私達が提供している
「新入社員向け」の研修プログラムで、


『新入社員研修「ディスカバリー」』


というものがございます。


今日はこのプログラムの中身を引用しつつ、
「社会人として大切である」、と思うことについて、
共有させて頂きたいと思います。


タイトルは、


【「任せて安心」という『信頼』を獲得して初めて、大きなチャンスは訪れる】。


それでは、どうぞ。
■「信頼」という聞き慣れた言葉。


“「信頼」なんて必要ない”、
という人など恐らくいないくらい、
原則的で、大切な言葉です。


この「信頼」があるからこそ

営業と顧客であれ
上司と部下であれ
夫と妻であれ、
友人同士であれ、
仕事のプロジェクトメンバー同士であれ、

その深い関係が成り立ち、
「チームとしての力」が発揮されるものでしょう。

(信頼がなかったら、疑ってばかり、
 確認次ぐ確認で、遅々として前に進まないですよね)


■そんな「信頼」を考えつつ、

「新入社員」がいつ何時も大切すべき、
頭に置いておきたい言葉がある、

と思うのです。


それが、


【「任せて安心」という『信頼』を得る】


という言葉。

新入社員研修「ディスカバリー」で伝えている言葉です。



これは、新入社員に限ったことではなく、
全ての社会人に必要なことですが、

特に、まだ独り立ちを出来ていない新入社員にとっては、
ものすごく重要な言葉である、と思うのです。


■仕事を覚えている最中の新入社員は、
当然ながら、「経験」がありません。

しかし、どこかのタイミングで、


「よし、そろそろこの仕事を任せてみるか」


と上司や周りが思い、役割を、
仕事を得ていきます。


“仕事が(新入社員に)任される”

という時が訪れ、
何かにチャレンジをする機会が得られるのです。


■そして、その背景には言うまでもなく、

(よし、◯◯を任せてみるか)

という誰がしかの「判断」がある。

「何かの判断基準」を持って、
任せる、任せないを決めているのです。



「彼女には、この顧客を任せてみよう」

「彼は、まだまだだから、もう少し簡単な作業から任せてみるか」

「彼は、頑張っている。この重要なプロジェクトを任せてみるか」


“普段の行い”を、
見えないメガネを掛けて見つつ、
そして、任せる範囲を決めている。



そして、

【「任せて安心」という『信頼』を得られているどうか】

が、影響の小さい仕事なのか、
チャレンジフルな仕事なのか、
同期の中でも1人か2人くらいしか任せられない
会社にとって大切な案件なのか、

が決まってくるのです。


だからこそ、

【「任せて安心」という『信頼』を得られているどうか】

が、新入社員の成長の角度を決める、
大切な要素である、と思うのです。


■では、その

“「任せて安心」という『信頼』”

は、どのようにできているのでしょうか。

米国のCEOが選ぶNO1本にも選ばれた、
『スピード・オブ・トラスト』
によると、以下の4つの要素で出来ている、といいます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<「信頼性」の4つの核>

(能力)

1,結果 ・・・ 「成果」を出しているか
2,力量 ・・・ 「基礎力(知識・スキル)」があるか

(人格)

3,意図 ・・・ 「目的・意義」を持って仕事をしているか
4,誠実さ ・・・ 「言行一致」しているか、「尊敬」できる人物か
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



イメージで言えば、

「1‚結果」、「2‚力量」は、
目に見える部分、木で言えば「葉や幹」にあたり

「3、意図」「4,誠実さ」は、
目に見えない部分(でも感じる部分)、
木で言えば「根」にあたります。



これらの4つの観点を持ち、
私たちは誰もが、見えないメガネをかけて、


「彼女は、任せられた仕事は結果を出してきただろうか」(結果)

「彼は、スキルを持っているだろうか?」(力量)

「彼女は、仕事に真剣だろうか?逆境でもあきらめないだろうか?」(意図)

「彼は、嘘がない人物だろうか?」(誠実さ)


などを測っているのです。


そして、その上で、

「彼は信頼できる」
「彼女にこの仕事預けて大丈夫だ」
「この営業に仕事を任せれば成果を出してくれる」

という“見えない判断”を下しているのです。


「信頼」が十分にあれば、
言わずもがな、「大きな仕事」を任せられることなります。
それは「チャンス」なのです。

そして「チャンス」を得るから、
ますます人は成長をすることができるのです。



だからこそ、

【「任せて安心」という“信頼”を獲得して初めて、
  大きなチャンスは訪れる】

といえるし、それこそが、

まずは受け身、学びから始まる新入社員が
常に持っておくべき大切なキーワードである、

そう思う次第です。""
【本日の名言】
偶然は準備のできていない人を助けない。

ルイ・パスツール”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。