500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「ルール」を作った方が強い。
そのために、先の先を考えること”

1336号2017/10/11更新

(本日のお話 1432文字/読了時間1分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は1件のアポイント。
また諸々ミーティングなど。
ならびに、夜は勉強会への参加でした。



さて、早速ですが本日のお話です。

最近、世界史の話をひたすら読んでおり、
「ルールを作ること」の大切さを学んでいます。

今日はそのことについて思うことを
皆様にご共有させていただきたいと思います。

タイトルは、

【ルールを作った方が強い。
そのために、先の先を考えること】。

それでは、どうぞ。
■「世界史」の中で有名な話ですが、

これまで世界には「覇権国」が存在しており、
大きな影響を果たしてきました。

17世紀にはオランダ。
18~19世紀にはイギリス。
そして戦後20世紀にはアメリカ。

それらの国が「覇権」を握ってきました。

「覇権」とは、不動と思われる地位や
権力を掌握してきた、時の人(国)というイメージでしょうか。

それらが、今に続く歴史を、
ルールを作ってきたのです。


■特に、世界が大きく広がったのは、
イギリス覇権の時代。


イギリスの産業革命、
そして、蒸気船の発達、などなどで、
一気に世界に広がっていったのですが、
そこには、欠かせないものがありました。

それが、

『世界のルールを作った』

ということでした。


例えば、

・イングランド銀行(金融の仕組み/ポンド)
・産業革命(工業の仕組み)
・緯度・軽度(海の仕組み)
・情報通信(通信の仕組み)
・ファッション
・マナー


など今にも続く「英国式」のやり方が、

「世界の共通ルール」

となり、そのことが
イギリスの繁栄をもたらした、

そんな話を学んだのでした。


■時は移り、現在もそう。


私達が当たり前のように使っている、

マイクロソフト、
Google、
Facebook、
Amazon、
Apple、

すべて「アメリカ発」であり、
圧倒的に儲かっている理由を考えても、
それは、

『世界のルールを作っている』

というところが、
特徴であり、そして繁栄の源になっているということは、
疑いようのない事実である、

そう思います。


■こんな話を書きながら、整理しながら
ふと、思うことがありました。

それは、「継続的な成果」を目指すのであれば、
我々個人のレベルでも、

『ルールを作る』

という発想は、非常に大事なのではなかろうか、
ということ。



例えば、営業などもそう。

”新規100件電話して、3件アポイントをとる“

というものも立派な”努力”です。

これも、もちろん価値があるし、
意味があることだとは思います。

しかし、「積み上げ」「足し算」である
努力であり、歩みを止めた瞬間、ゼロになる。

このことも、また否定できません。


本来であれば、理想であれば、

「100件電話せずとも、
 アポイントが継続的に入る仕組みを考える」

ほうが、実は効率的だったりする。

(それが何かわかれば苦労はないですが、
 私のメルマガは実はその一助だと思っています)


私の知人の会社では、
「新規アポ電話など絶対しない」としています。

それは全て、それが得意な別の人(会社)に任せて、
「自分がもっとも注力すべき、お客様との提案に時間を使う」
ことをルールにしている、と話をしていました。

つまり、営業でも、

“新規電話を仕組み化する”

そして、そこから先の見込み客にのみ、
エネルギーを集中させるという、

「ルールを作った」

ことで、継続性を担保している。

そちらのほうが、効率的であるし、
「成果を出す努力」である、というわけです。


■私たちは、ともすると、

「目の前のことを一生懸命片付けることに、
 躍起になってしまう」

こと、あると思うのです。

しかしながら、
先のイギリス、アメリカの話のように、
継続的な、そして圧倒的な成果の根源となるものは、
その規模は違えど、


『ルールを持つかどうか』


だと思うわけです。

その日暮らしではなく、
先の先を見て、そしてルールを作る。


【「ルール」を作った方が強い。
 そのために、先の先を考えること】

です。

少し抽象的な話のようですが、
そのような思考を持つことは、大事なのだろう、

そう、思った次第です。
【本日の名言】
天才の特徴は、凡人が敷いたレールに
自分の思想をのせないことである。

スタンダール”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。