500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「善人なおもって往生を遂ぐ いわんや悪人をや」
と語った親鸞聖人から学ぶ、人生の貫き方”

1334号2017/10/09更新

(本日のお話 1934文字/読了時間2分)
■こんにちは。紀藤です。

月曜日、体育の日ですが、
インドアにて、「サムライ塾」の仲間と、
ひたすら歴史やグローバリズムについて勉強会。

夜はサムライ塾の代表のお家へ打ち合わせ、兼
勉強会で、23時頃迄ひたすら話をしておりました。

最近、体ではなく、頭を使っているため、
見識はどんどん高まっておりますが、
同時に、体重もどんどん増えております。
(動くことが少なくなったので 汗)

4ヶ月前の100キロマラソンに出場した時に比べて、
体重が60キロ→65キロと、5キロ増。

今月末のフルマラソンまで、
5キロもの肉塊を抱えて走るわけにはいきませんので、
少しでも体重を減らして臨みたいと思います。

また、ファスティング(断食)でもしようかな。



さて、本日のお話です。

本日の勉強会の最中、
「禅」について話が盛り上がっている時、
サムライ塾代表より、とある言葉を教わりました。

その言葉が、とてもいい言葉だな、
と感銘を受けましたので、
皆様にご共有させていただきたいと思います。


タイトルは、その名言を借りて、

【「善人なおもって往生を遂ぐ いわんや悪人をや」
  と語った親鸞聖人から学ぶ、人生の貫き方】。

それでは、どうぞ。
■親鸞聖人。

歴史の教科書で習った方も多いかと思いますが、
親鸞は、仏教の伝統的な一派である「浄土真宗」の宗祖。
鎌倉時代1173~1262年まで生きたと言われています。


そして、「浄土真宗」は、
日本の仏教の主流である、”伝統仏教13宗”の中で、
一番大きい宗派と言われています。

参考:日本の仏教(「伝統仏教13宗」)


■親鸞が語られた教えで有名な一説は、
仏教書の「歎異抄(たんにしょう)」に示されている、

「本願を信じ念仏申さば仏になる」

という言葉。すなわち、

“浄土真宗は、ただひとつ「信心」の徹底ということ”

である、と説明されています。

※参考:「真宗会館」ホームページより


それが、一部の人だけでなく、
「あらゆる人びとに救いの道を開いた」ということで、
多くの支持を集め広がっていったそう。


■そして、そんな親鸞聖人が残した言葉の1つに、
こんな言葉があるのです。

それが、


『善人なおもって往生を遂ぐ いわんや悪人をや』


という言葉。


「往生」とは、“本当の幸せになること”を意味します。

ですから、そのまま直訳すると、

「善人でさえ幸せになれるのだから、悪人はなおさら幸せになれる」

となります。


えっ、どういうこと?

と思うでしょう。


「悪人はなおさら幸せになれる」のなら、
悪いことをやった方がいいんではないか?

「善人」になる必要はないのではないか、

そう思っても不思議ではありません。


■しかし、この言葉には、
以下のような意味が込められているそうです。

ある浄土真宗の宗派のホームページから、
学んだ内容によると、このように説明されていました。



『善人なおもって往生を遂ぐ いわんや悪人をや』

の「悪人」とは、「自傷の悪人」と定義される。

「自傷の悪人」とは、

“自分は悪人であったと本当に気づいている。
善人に成ろうと頑張るが、それでも出来ず、心傷める人“

のこと。

つまり

「自分は全然ダメだ。悪い奴だともわかっている。
 それでも、つい破ってしまう。何とかしたいのに、できない。
 自分でもどうしようもないのに、また誤ちを繰り返してしまう」

そんな、負のスパイラルから抜け出せず、
苦しんでいる、そんな人のこと。


そのような人は、「悪人」だが、
救われないはずがない、当然救われてしかるべきだ、



そんな説明でした。


■自分の本心では、

「なんとか頑張りたい」
「なんとか変わりたい」

と思っているものの、どうしても変われない
戦えない、変化しきれない自分にもがき、苦しむ、

そんな人。


親鸞の考えによれば、

“そこまで苦労をしている人(でも、悪人)であれば、
むしろ救われないはずはない”

という。


■私の周りにも、いました。

それは、育ってきた環境だったり、
たまたま付き合ってきた人間関係だったり、
巻き込まれたアクシデントだったり、

真面目で、まっすぐな気質を持っているけれど、
大袈裟に言うと、「運」が味方してくれなかった、

そう感じさせられる”不器用な人”です。

頑張っているけど、
言ってしまえば空回りしているように見えたり、
結果につながらないような人。


でも、何とかもがき苦しみながら、
それでも前に進もうとすることは、
直ぐに結果が出なくとも、やはり素晴らしい、


親鸞の言葉には、そんな
万人への受容を感じたのです。


■私は特定の宗教を持つわけではありません。

でも、思うのは、
必ずしも「結果」だけが全てではない。

「もがきながら、少しでも良くなろう」、

そう思うプロセスにこそ、
命の輝きがある。

私は、そう思って止みません。


善人だろうが、悪人だろうが、
関係なく、ただただ、自分のベストを尽くして、
まっすぐ突き進むこと、

ただただ、それが大事なのだろうな、
そんなことを思った次第です。
【本日の名言】
たとえ空が雲に覆われていても、
太陽はその陰で、いつも輝いている。

ロングフェロー”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。