500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「スッパリやめる」か「ほどほどやめる」か。習慣化のためには、どちらが効果的か?

1331号2017/10/06更新

(本日のお話 2365文字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は三件のアポイント。

ならびに、先月行った経営幹部研修
「リーダーの4つの役割」の
フォローアップなどでした。



さて、早速ですが、本日のお話です。

先日読んだ本、

『人生を変える習慣の作り方』(著:グレッチェ・ ルービン)

を読み、「なるほどな」と納得することが多く、
1人膝を打っておりました。

今日はその本から学んだことについて、
皆様にご共有させていただきたいと思います。


タイトルは、


【「スッパリやめる」か「ほどほどやめる」か。
  習慣化のためには、どちらが効果的か?】。


それでは、どうぞ。
■世界15カ国に翻訳された

『人生を変える習慣の作り方』

という本があります。


ダイエットをしたい。
甘いものを控えたい。
運動をする習慣がほしい。

タバコを控えたい。
勉強をしたい。
早起きしたい。



世界どこでも、

「いい習慣を作りたい」
「よくない習慣をやめたい」

というのは、共通のようです。


■実際、こんな名言もありますね。


・人は繰り返し行うことの集大成である。
 だから優秀さとは行為ではなく、習慣なのだ。(アリストテレス)

・はじめは人が習慣を作り、
 それから習慣が人を作る。(ジョン・ドライデン)

・習慣が変われば人格が変わる。
 人格が変われば運命が変わる。(ウイリアム・ジェームズ)

・思いの種をまき、行動を刈り取り、
 行動の種をまいて、習慣を刈り取る。
 習慣の種をまき、人格を刈り取り、
 人格の種をまいて、人生を刈り取る。(サミュエル スマイルズ)


などなど。


あらゆる偉人賢人が、
「習慣は人生の土台である」と言うほど
ものすごーく重要な要素であると言います。


■そして、手前味噌ではありますが、

なんだかんだ私自身、
「習慣って大事である!」と思い、

「メルマガ 未来習慣」
(=未来に身につけられたら良いと思われる習慣/考え方、行動)をテーマに、
1300日、毎日更新をしているので、
日々日々考えているつもり。


そして、色々本を読んだり、
経験したり、考えたりして、

「習慣化」をするために、
私の中で、ある1つの答えがでました。


それは、前提として


・人間は弱い。意志も弱い。

・だから、習慣化を本気で実現したければ
 「退路を断つ」くらいの気概が必要。


ということ。

そして「退路を断つ」というのは、


『スッパリやめる or 何が何でも毎日続ける、と「決める」こと』


を指します。

これが、習慣化のために、
必要不可欠ではなかろうか、

と思ったのです。


すなわち、


”中途半端だと、習慣化は出来ない”、


というのが
私の中の1つの結論でした。


■例えば、メルマガなどいい例です。

私の友人で、私と同じように
メルマガを書いている人がいます。

メルマガの継続を成功した人、失敗した人
それぞれいるのですが、


・メルマガ継続に成功した人

=毎日絶対書く、または日曜は絶対書くと、退路を断った人。
 すなわち、「スッパリ」やると決めた人。


・メルマガ継続に失敗した人

=週一回、どこかで書こう、と、
 やるやらないの余地を残した人。
 すなわち、「ほどほど」でスタートした人。


面白いもので、

「時間に余裕ができた時にやろう」

とした場合、逆にやらなくやるのです。


前者の「スッパリ、やる!」と決める人は、
継続できるのに、

「ほどほどで、やろう」の人は、
なぜか、どこかで頓挫してしまう。
継続に失敗している。


だから、こう、結論付けたのです

人間は弱い。意志も弱い。

だから、習慣化を本気で実現したければ、
「退路を断つ」事が必要。



だから、


【習慣化のためには「スッパリ」決めること。

 「やる!」と決めきること】


が重要である、

そう思ったのでした。


そして、これは、
ダイエットでも運動でも、
あらゆることで言えるのだろう。


「気が向いたら」「ちょっとだけ」
と余地を残しても、つまづく一因にしかならない、

そう、思っていたのでした。


■しかし、です。


(前フリがやたら長くなってしまいました)


先述の、『人生を変える習慣の作り方』の著者グレッチェン氏は、

「習慣化の成否」を分ける要因について、
こんなことを語っています。



「習慣化のために、

 ”スッパリやめる”か、”ほどほどにやめる”か、

 どちらが良いか、という議論があります。


 これは、結論ですが、

 『人による』のことがわかりました」
と。


先ほどあれだけ熱く語ったのですが、
グレッチェン氏によると、
どうやら私の仮説とは違う様子。


これは、どういうことか?

そのことについて、こう続けます。


「例えばダイエット。

 クッキーを食べないようにする、と決めた時、
 スッパリやめたほうが、私の場合はいい。

 1枚食べると、11枚食べてしまうから。


 でも、別の人は、
 1枚食べれば満足、という人もいる。

 それで抑えられる人もいる。

 ”これは、自分に合ったやり方”

 を、見つけなければならないのです」


とのこと。


■ダイエットとメルマガ。

やめる習慣と、続ける習慣。


それぞれ特徴に違いはあります。

ただ、この一連のことから思ったことは、



【誰にでも当てはまる、ウルトラCなど存在しない】



ただ、この事実でした。


私は、スパルタが好きです。
多分、多少M気質なところがあります。

毎日やれ、きつくてもやれ、
くらいのほうがちょうどいい。


やるならやる、やらないならやらない、
の方がちょうどいい。


でも、そうじゃない人もいる。

1週間に1回で、リズムができる人もいれば、
ほどほど、ちょっとずつ、ソフト・ランディングで、

が合っている人もいる。



その人の性格、経験、状況によって、
正しい答えは変わってくるものでしょう。


■結局、「習慣づくり」でも、

手数を出して、いろいろ試して、
そして、自分にあった方法を、

”自分自身の手で、見つけること”

が大事、ということ。


【「スッパリやめる」か「ほどほどやめる」か。
  習慣化のためには、どちらが効果的か?】

と問われれば、


『人によります』


が答え、なのです。


とにかく、動いて、感じて、
自分にとって、ベストな方法を見つけていくこと、
ただそれだけです。

これは、「習慣化」だけでなく、
あらゆることに言える話だと思います。
【本日の名言】
才能は隠れているものだから、
出かけて行って見つけなければならない。

フロリアン”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。