500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

ルールを緩めると、緩めた方に、ただただ流れていく

1308号2017/09/13更新

(本日のお話 647文字/読了時間1分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は1件のアポイント。
ならびに、夜遅くから「サムライ塾」の仲間と、
WEBにてミーティング。
■最近、思うことがあります。
それは、「モラルの維持」の難しさ。

最初高いレベルでスタートしたものも、
放っておくと、必ず「だれる」というのが、
悲しきかな、人間です。


以前、新卒で働いていた飲食店では、
スーパーバイザーがこんなことを行っていました。

「新しくオープンした店のモラルは、
開店直後が一番高い。そこからダレてくるから、
規律を維持することが“要”なのだ」

と。


■私も、まさしくそう。

配信時間を8時と決めていたメルマガも、
一度、「月曜は昼に送ろう」(休日の分たまってるし)とした途端、
不思議と「9時配信」に抵抗がなくなるのです。

心の中の、

「まあ、いいじゃないか」

という声は、放っておくと、
どんどんどんどん大きくなっていく。

これは事実なのでしょう。


しかし、同時に、
「ココだけは守る」という強いこだわりに、
”平凡”と”卓越”の違いが生まれることも事実。

だから、安易に流れず、
こだわり抜くことも、すごく重要であると思います。


だからこそ、



【ルールを緩めると、緩めた方に、ただただ流れていく】



ということを、認識しつつ
1日1日ネジを締め直していくこと。


「自律」とは、簡単なようで、難しいものです。

だから、長い長い戦いの心づもりで、
常に「モラルの維持」に挑戦する、
それくらいの心意気が必要である。

そんなことを、思った次第です。

今日は、短めに。
【本日の名言】
人間の心というものは
活動が止まってしまうと
雑草が生えるものだ。

ウィリアム・シェイクスピア”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。