500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

性格は顔に出る。生き様は顔に出る

1304号2017/09/09更新

(本日のお話 1924文字/読了時間2分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日金曜日は、某IT企業での
次世代経営幹部研修。

「7つの習慣アドバンスコース リーダー4つの役割」と銘打った
カスタマイズの研修の立ち会いをしてまいりました。

そして夜は二次会も含め夜まで懇親会。

楽しい夜でした。



こちらの会社様は全社に7つの習慣を導入されているのですが、
いらっしゃる方が皆、真っ直ぐで、素敵な方ばかり。

今回は管理職の方を対象とした研修でしたが、
懇親会で多くの方と話す中で、
管理職の方が、部下一人ひとりに対して

「優先順位は何か?」
「重要じゃない30%は捨てていいからね」
「自分の刃を研いでいるか?」

と問いかけている、との話を聞き、
何だか胸にくるものがありました。


改めて思うのですが、
管理職の影響は言葉以上に強烈です。

ある管理職の下に、5人のメンバーがいたとして、
そしてその管理職の方が、日頃から、

「君の優先順位はなにか?」
「相手のWINを考えているか」
「自分が影響できること(影響の輪)を考えなさい」

など、常々言い続けたとしたら。

きっとそれは、仕事を超えて
若手の”生き方のベース”になり、

“部下の「人生」そのものを変えうる”

と感じます。

普段は意識しませんが、
それくらい、管理職、リーダーと言われる人の責任は、
甚大な役割がある。

その事実を改めて感じたとともに、
プラスの影響を拡げている管理職の皆々様の、

”プラスの影響の輪“

に、心響いた1日でした。



さて、前置きがだいぶ長くなってしまいましたが、
本日のお話です。


研修の後、その会社の創業者での一人である専務から、
あるお話を伺いました。

そして、それが大変心に響くものでした。

今日はそのお話を紹介させていただくとともに、
思うところを皆様にご共有できればと思います。


タイトルは、


【性格は顔に出る。生き様は顔に出る】。


それでは、どうぞ。
■昨日の懇親会でのお話。


某有名上場企業の社長の奥様でもあり、
かつ専務としての重責を担う役員の方が
こんなお話を、聞かせてくれました。

非常にエネルギッシュで、
ひと目見ただけで、”只者じゃない感”が伝わってくる、
そんな方です。


「スーパーとか、駅前に
 “スピード写真機”ってあるでしょ。

 私、その写真機で15年前から、1ヶ月に1度、
 “自分の顔写真”を撮っているの。


 日々、顔がどう変わっているかなんて、普段意識しない。
 でも、1ヶ月ごと、15年間写真を取り続けると、
 やっぱり顔って少しずつ変わっていくのね。

 ズラーッと並べてみてみると、
 大変だったときは、やっぱりそういう顔をしているし
 逆にいいときは、やっぱりいい顔をしている。

 それは、シワとか、化粧とか、そういうのではなくて、
 “全体からでる雰囲気”のようなものがある。

 私は、自分の人生の目標は

 『いい顔になる』

 こと。

 社員でも、いい顔になってくると、わかるものなんですよ」

そんなお話でした。


■私もつくづく思うのですが、
人の性格、生き様は、本当に「顔」に出ているよな、
と思います。

電車にのっていても、

(この人なんかヤバそう)
(ぶつかったりしたら、文句を言われそうだ)
(なんとなく鬱々としてる雰囲気だな)

というのは感じますし、逆に、

(この人は凛としているな)
(優しそうで、親切そうな方だな)
(エネルギッシュだな)

ということも、
見るだけで、”感じる”ものです。


それが顔だけでなく、
佇まい、歩き方、全身の雰囲気などが加われば、
かなりの確率で、

“その人がどのような人なのか”

を、多かれ少なかれ
想像することができるのではないか、

私はそんな風に感じています。


■『性格は顔に出る』、
理論があるわけではないですが、
そんなものだと思います。


いつも、人のせいにしている人は、
不満そうなオーラを放つ顔になる。

いつも、まるで優しい気持ちでいる人は
普通の表情からもにじみ出てくる顔になる。

いつも、怒りっている人は、
攻撃的な、攻撃的な顔になる。

いつも、愛情にあふれている人は、
菩薩のような柔らかさを携える顔となる。

今日が最後であると、一日一日一生懸命生きている人は、
静かな強さを持つ、迫力ある顔になる。



言葉ではなかなか言い表せないことですが、
やっぱり、性格、生き様は顔に出る、

そう思えてやみません。


■「7つの習慣」では、

“第2の習慣 終わりを思い描くことから始める”

という習慣があります。

『自らの人生の終わりを思い描くこと』
が豊かな、充実した人生を作る、大切なポイントである、と言います。


人は大事にしているものが、
にじみ出るものです。

強さ、優しさ、愛情、厳しさ、
勇気、努力、誠実さ、謙虚さ、正義感、

自分が大切にしている「価値観」も、
やっぱり内面から外見へとにじみ出てくるもの。


自分は、どんな「顔」になっていきたいのか、


そんな観点で、人生の航路を考えてみることも、
面白いのではなかろうか、そんなことを感じた次第です。


【性格は顔に出る。生き様は顔に出る】


もの。

そのことを心に留めつつ、
日々生きていきたいものだ、

そんなことを感じた1日でした。
【本日の名言】
40歳になれば、
自分の顔に責任を持たねばならない

リンカーン”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。