500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「自分のコンパス」を見失うことは、
目的地がないまま、森の中に放り込まれるごときもの”

1476号2018/02/28更新

(本日のお話 1953文字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は3件のアポイント。

弊社の期末につき、
ばたばたと動いております。

夜は、ずっと行きたかった

『ファイナルファンタジー 別れの物語展』

を観に、妻と共に六本木ヒルズへ。

知る人ぞ知る、一世を風靡した
有名なロールプレイングゲームの展示会ですが、
素晴らしい展示会でした。

懐かしくて、感動。



さて、早速ですが本日のお話です。

最近、これまでの自分を考え、
「内省する時間」が増えているな、と感じます。

それは、私にとっては、
決して気持ちよいものではなく、
ちょっとモヤモヤした感じです。


そして、「なぜだろう?」と
その原因を考えた時、
ふと気づくことがありました。


本日はそのお話について、
気づきを皆様にご共有できればと思います。

タイトルは、



【「自分のコンパス」を見失うことは、
  目的地がないまま、森の中に放り込まれるごときもの】



それでは、どうぞ。
■人には、行動する際に、
指針とする色々なタイプがあると思っています。

例えば”山登り”を楽しむ際も、


・山頂めがけて、あと何キロ と目標を立てる人

・山登りの一歩一歩を、景色を楽しみながら登る人

・何も考えず登り、内省する時間を大切にする人

・誰かとワイワイ登ること、会話を楽しむ人


などでしょうか。


■ちなみに、私(紀藤)の場合は、

「山頂という目標があるから登れる」

というタイプです。

(そして同じように考える人は、
 皆様の中にもいらっしゃるのではないでしょうか)


ですから、予定の立て方も、


・月間の目標を立てる(今月、何を成し遂げたいか)
 ↓
・週の計画を立てる(今月の目標を達成するために、今週何をするか)
 ↓
・1日の計画を立てる(今週の目標を達成するために、今日何をするか)


ということをしていました。


「山頂めがけて、あと何キロ と目標を立てる人」
(私のようなタイプの人)にとって、
この計画の立て方、目標の作り方は、
大変効果的であるのです。


■しかし、最近、
私(紀藤)の仕事上で、
こんなことがありました。

それは、

”手帳にタスクを書き忘れる”
(=そして同僚、お客様に多大な迷惑をかける)

ということ。

これが立て続けに起こりました。


「スマフォ」と「手帳」
どちらでもスケジュール管理をしていたため、
そして混乱して、書き漏れ、書き忘れが起こったのでした。


だから、結論として、


・手帳を出すよりスマフォを出すほうが早い
・タスクリストはデジタルの方が便利
・今はカレンダーもデジタルの共有化が進んでいる


ということで、

「手帳を余り使わず、デジタルで全部管理する」

という習慣に変えようとしたのでした。


■しかし、そのように変えて、
1週間、2週間たったとき。


なんだか、おかしい。

気合が入らない。

燃えるようなものが、
以前より起こりづらい。

「こっちに向けて走るぞ!」
という意志が湧いてこない。


なんだか不協和音が混じっている。
そんな精神的不調和を感じたのでした。


大げさな表現のようですが、
例えて言うならば、

『目的地がないまま、森の中に放り込まれた感じ』

がしたのでした。

スマフォでタスクは一覧化されている。
やることは日々、見えている。


でも、「進むべき方向が見えなくなっていた」、
「どこへ行くのか見失っている感覚がした」のは、
間違いない。

この原因を考えた時、
その理由は、


『”手帳に書いていた月・週・日の目標”を、
 目にする機会が著しく減ったこと』


である(!)、
とはたと気がついたのでした。


■スマフォでやるべき一覧は、
たしかに書いている。

しかし、

”タスクリスト”は、あくまで「時計」のようなもの。

「いつまでに何をするか」
「予定通りに進んでいるか」

を測るものでしかありません。


しかし、

”手帳に書かれた目標”は「コンパス」なのです。

「今日、自分がどちらに向かって進んでいるのか」
「何のために、この行動をしているのか」

それを、”見失わないようにする”ためのもの。


「コンパス」(今風に言うならGPSと目的地)がなければ、
「時計」も機能しないのです。



それは、中長期的なもので、
すぐには効果がわからないもの。

でも、ちゃんと確認をしないと、
どちらに進んでいるのか、不安になってきます。


結果、私(紀藤)の場合、
「デジタル化で手帳をしっかり見なくなった」ことが、


『目的地がないまま、森の中に放り込まれた感じ』


を醸し出し、そして、
エネルギーを減退させていた、

ということにふと気がついたのでした。


■人の「自分に合った行動の仕方」には、
色々あると思います。

そして、それぞれに「正解」はないもの。


しかしながら、

”タスクリストを日々やっつけているけれども、
 なかなかエネルギーが湧かない”

”日々の覇気を感じない”

”生ききっている感覚がない”


というのであれば
それはもしかすると、

『目的地(自分のコンパス)を見失っているから』

なのかもしれません。



【「自分のコンパス」を見失うことは、
 目的地がないまま、森の中に放り込まれるごときもの】


である、そう強く思うのです。


■目的、目標は、
やっぱり大切です。


自分がどこに向かっているのか。

自分で自分に納得をし、
コミットした上で、日々歩むことは、
毎日に充実感を与えてくれるものです。

だからこそ、日々日々、瞬間瞬間、
「なぜ何のために」を思い出して行動していきたい、

そう私自身、強く思った次第です。


---------------------------------------------------------------------------------
<今日の未来習慣>

3月の目標を書き出してみる。
(仕事、プライベートでそれぞれ)

----------------------------------------------------------------------------------


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
本日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
長い間、海岸を見失うだけの覚悟がなければ、
新大陸を発見することはできない。

アンドレ・ジッド”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。