500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「同床異夢」(=すれ違いの悲しさ)を生まぬための工夫

1435号2018/01/18更新

(本日のお話 1578文字/読了時間1分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は、早朝から15キロのランニング。
よって、現在の走行距離は、

<現在の走行距離 194キロ(あと56キロ)※あと3日>

となりました。

また、日中は2件アポイント。
そして夜は、「人事交流会」の開催でした。

26名の方にお集まりいただき
「働き方改革」についてディスカッション致しましたが、
大変盛り上がり、私自身学びの多い日になりました。

(ご参加頂きました皆様、誠に有り難うございました!)

*

さて、実は「人事交流会」を開催しつつ、
改めての気付きがありましたので、
その内容を皆様にご共有させていただきたいと思います。


タイトルは、


【「同床異夢」(=すれ違いの悲しさ)を生まぬための工夫】


それでは、どうぞ。
■ 「人事交流会」の開催にあたって
事前アンケートを行いました。

それは、

”Q、「働き方改革において」どのようなことに課題を感じているか?”

というような内容。

その回答で多かったものが
「”働き方改革”の定義が不明瞭で、がよくわからない」
というものでした。

そのため、昨日は

”「働き方改革」とは、そもそも何か?”

というお題で、皆でディスカッションをしてみたのでした。


■そうしたところ、それぞれの参加者から、
実に違った意見が出ました。

Q
【本日の名言】


という同じ質問に対してでも、
以下のような答えが出てきたのでした。

~~~~

・人口減少、国力を高めたい国のお題目である

・社員が幸せになること

・会社が生産性を上げること

・人が持てる能力を最大限に発揮すること

・社員が自立すること

・効率化し、スピードを上げること

・仕事の「見える化」をすること

~~~~


この答えを見ながら、
改めて思ったことが、

『皆が”普通に使っている言葉”こそ、
 違った捉え方をしてしまうものである』

ということでした。


■ふと思ってみれば「働き方改革」というものは、
結構前から言われています。

時には、会社ごとに、部門ごとに
「働き方改革チーム」なるものもあり、

号令をかけて、
「働き方改革だ!」
と声高にいっている会社も多いです。

しかし蓋を開けてみると、

”それぞれが、その言葉に対しての”定義”が違っている。
 目指している状態が、違っている”

そういったことが、
頻繁に起きているのであろうな、

と、感じたのでした。


■「お題目」というのは、
”聞きざわり”が大変よいのですが、
時にリスクをはらみます。

そのリスクとは、

”同じことを口にしながら違うことを考えている”

という、いうならば、

『同床異夢』

のごときリスクです。

(※ちなみに「同床異夢」とは・・・
 同じ寝床に寝ても、それぞれ違った夢を見ること。
 転じて、同じ立場にありながら、考え方や目的とするものが違うことのたとえ
(goo辞書より))


そして、当然ながら、

「同じことを語りながら
 それぞれの目的が実は違っている」

ということになれば
別々の方向に縄を引っ張りあうようなものであり、
当然ながら目的に対して進む力が働かず、、
結果を残すことも難しいのは想像に難くありません。

そうすると、

「悲しきすれ違い」

を生む、一員になる、と思うわけです。


■そして、このことは
「働き方改革」だけでなく、その他のことも、同じです。

例えば、「7つの習慣」で言われるような
例えば、部下上司でかわされるキーワードとして、

・「自立」
・「主体性」
・「WIN-WIN」
・「優先順位」
・「目的意識」

というような言葉も、
それ単体で見ると、曖昧が故に、
「同床異夢」を生み出すリスクを抱えます。

だからこそ、そうならぬためには、
”具体的”に、”明瞭”に定義をする必要があるのです。


「7つの習慣」の本がなぜあれほど売れたかというと、
この抽象的な言葉達に対して500ページもの文量をさいて、

『曖昧な「リーダーシップ」に関わる言葉が、
 具体的に、「どのような考え方、言葉、行動なのか」
 を明確に定義をしたから』

なのです。

「7つの習慣」が、全世界3

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。