500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

『リーダーが壁にぶちあたったら読む本』

1431号2018/01/14更新

(本日のお話 1556文字/読了時間2分)
■こんにちは。紀藤です。

本日ですが、従兄弟の大学4年生とランチ。

本当に優秀で、びっくりします。

「最近の若者は」などと言われますが、
うかうかしていると、あっという間に抜きさられるな、
と、危機感を覚えました。

時代は、変わってきています。

我々も頑張らねば!




さて、毎週日曜日は、
今週のおすすめ本を紹介する、「今週の一冊」のコーナー。


今週の1冊は、

===========================

『リーダーが壁にぶちあたったら読む本』(著:神田 和明)

===========================

です。
■「文章は心を表す」というのでしょうか。


本屋さんに行くと、
所狭しと「リーダーシップ」に関する本が並んでいます。

というのも、”リーダーシップ”とは、身近であるし、
だからこそ、いろんな人がそれぞれの「リーダーシップ論」を
語りやすいのと思います。

だから正直、何がリーダーのための良い本なのか、
よくわからない、というのも実情。


そんな中、今日ご紹介の、

『リーダーが壁にぶちあたったら読む本』。

この著者の神田氏が、
現場で愛情を持ち、本当に苦労しながら、

また自分自身がリーダーとして壁にぶち当たりながら
もがきながらも見つけた答えが書かれているのだろう、

そんなことを感じさられる一冊です。


■リーダーシップとは、
いくらでもそれっぽいことが言える”ジャンル”です。
(弊社もリーダーシップの会社ですが)


ただ、本当にその人が凄いかどうか、
ホンモノかどうか、というのは、
何気ないやり取りで見えるもの。


そして、この神田和昭さんは、
きっとホンモノなのだろう、と思わされます。


(実は以前、私も一度メッセージを頂いたことがあるのですが、
 そのメールのたった一文からも、

 ”人に対する謙虚”さ、”思いやり”

 などが、にじみ出ている様に思わせられた方でした。)


■と、前置きが長くなりましたが、
この著者の神田和明氏。

サントリーの営業として20年以上の実績を持つ
サントリー酒類販売会社の執行役員として、
現在は活躍している方です。


そんな彼も、リーダーになったときは、
どうすればよいかわからず、迷いに迷い、
その解を求めるべく、「ビジネスコーチスクール」の門をたたいたそう。

そして、実際に現場で、
メンバーと向き合い、チームと向き合いながら、
その学んだ「理論」を試しました。

そうしたところ、実際に
チームが大きく成長、進化し、
それぞれが能力を発揮できる組織風土になった、


そして、そんなプロセスを通じて、

ビジネスコーチで学んだ理論も含め、
彼が何を考え、何を伝え、そしてどのようになっていったのか、

そのことが、整理して

「3つの章」と、
「25の項目」として、

書き分けられています。


■この著書のお勧めは、


【「理論」と「体験談」のバランスが絶妙である】


ことでしょう。


世にある本の多くは、

・「理論」だけに偏っていたり、

・逆に「体験談」は熱いけれど、考え方が理論的にまとまっておらず
 真似できる汎用的なものになっていなかったり、

バランスを欠いているケースが、
しばしばあるように思います。


・「体験談」として小説のような読み物としての面白みがありつつ

・基本的なリーダーシップ論、チームビルディング論を押さえて、
 真似しやすいよう体系化している

ということで、様々なことが学べ、
かつ普通にエピソードが面白い1冊であると思います。


リーダーとして「壁」を感じている方、
リーダーとして大切な「原則」を思い出したい方、
チームをもっと活性化させたい方、

ぜひご一読されてみてください。
きっと参考になる事が多々あるかと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<今週の一冊>

『リーダーが壁にぶちあたったら読む本』(著:神田 和明)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<目次>

ステップI:チームの目指すべき目標とその方向性を示す

第1章:やるべきことを明確に示す 【ミッション&ビジョン】

 ~究極の営業はまず「自分という商品」を売ること~
 1 「営業の原点」を考える
 2 人的ネットワークを活用し自分の立ち位置を確認する
 3 「今、やらなければならないこと」だけをやる
 4 チームビジョンについて徹底的に話し合う


第2章:チームカラーにこだわる 【チームスタイル】

 ~チームの目指すべきスタイル(=型)を明確にする~
 5 目指すべきチームスタイルを貫く
 6 なによりもまず「型」から入る
 7 できること・やれることに全神経を集中する
 8 どんな困難があっても自分のやり方を貫く

第3章:リーダーとして必要な力について考える 【リーダーシップ】

 ~自分の責任に覚悟をもち組織に結果をもたらす~
 9 かつての「鬼軍曹」に学ぶ
 10 「戦略的思考力」で根本的課題を解決する
 11 「人間的魅力」が人や組織を動かす
 12 「戦略的思考」と「人間的魅力」の両方をうまく発揮する
 13 「ブレない強い意思」でチームの信頼を勝ち取る


第4章:チームの飛躍的な成長を促す 【人材育成】

 ~「個」の成長なくして組織の成長はない~
 14 まずは自分自身の成長を促す
 15 チームディスカッションで「個」を磨きあう
 16 「潜在能力」を引き出し活用する
 17 キァリアビションを常に意識する

第5章:メンバーのやる気が目標達成を確実なものにする 【モチベーシヨン】

 ~チーム一体となった熱い想いが岩をも通す~
 18 ゲーム感覚で楽しく仕事を進める
 19 メンバーの話をしっかりと傾聴する
 20 メンバー同士が助け合う土壌をつくる
 21 チームシンパシーでモチベーションを高める


第6章:組織のグッドサイクルをつくる 【コミュニケーション】

 ~円滑なコミュニケーションは組織の血流~
 22 「コミュニケーション」の重要性を理解する
 23 「価値観の共有」で相互理解を深める
 24 本音で言い合えるミーティングにする
 25 「ノリノリプロジェクト」で関係の質を高める

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【本日の名言】
			

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。