500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

生産性向上は「食事」から始まる(食事、どれくらい意識していますか?)

1412号2017/12/26更新

(本日のお話 1700文字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は3件のアポイント。

新入社員研修「ディスカバリー」のご説明、
ならびに、「7つの習慣」研修の打ち合わせなど。

夜は、「家系図作成」をしている知り合いの行政書士の方と、
”家系図を作る意義”についての話をしてまいりました。

紀藤家も、家系図作ろうと検討中。



さて、本日のお話です。

1月末のフルマラソンに向けて、
ランニングの距離を重ねなければ、、
と思いつつ、昨日は走ることができませんでした(汗)

<現在の走行距離 41キロ(あと209キロ)※1月20日まで>


現在、体重が重くなりすぎていたので

”体重を減らすために、炭水化物抜きダイエット”

なるものを、ここ数日試しており、
結果、体重は減っています。

しかし、同時に、

「全く動く気がしない」
「動きたくない」

状態になってしまい、
”食べ物の威力”を、改めてですが、
まざまざと感じたのでした。

そして、その後、
「食事が身体に与える影響」
について、諸々本を読み漁り、改めて思うところがありました。


と、いうことで、本日は
「食べ物の身体への影響」について、
皆様にご共有させて頂きたいと思います。


タイトルは、


【生産性向上は、「食事」から始まる】。


それでは、どうぞ。
■我が家では、夫婦揃って、アレルギー体質。

行動的に見えますが、軟弱です。


そのため、これまでも、

「どうすれば、身体が健康な毎日が送れるか」

ということが命題で、
これまで様々な健康系の取り組みを、
試してきました。

例えば、

◯乳酸菌ダイエット
 ・・・ヨーグルト&サプリで、腸内環境を整える。
    善玉菌を増やす。

・人参ジュースダイエット
 ・・・北海道直産の、有機栽培の人参を低速ジューサーですりおろし、
    レモンを絞ってひたすら飲む。

・MEC職
 ・・・肉と卵などのタンパク質のみを食事とする。
    ご飯はいつも、鳥料理。そして、おやつは卵。

・断食(ファスティング)
 ・・・3日間、何も食べない。
    酵素ドリンクだけのみ、胃腸を働かせないことで、腸内の炎症を抑える。

というようなもの。

(他にも何かあった気がしますが、忘れてしまいました)


■試して効果がなかったものもあれば、

「これは良かった!」

と言えるものもあります。


私の場合、アトピーの根治療法のために、
MEC食にとある医師の勧めでやってみましたが、
体中炎症だらけになり、耐えられず断念しました(涙)

ですが、逆に、

「断食」(ファスティング)

は物凄く効果があり、これは本当に効くんだな、
と衝撃を受けた記憶があります。



肌の調子もよくなりますし、
何より日中の”集中力”が大変高まる。
(妻も、私も同じように体験しました)


・食事をする時間が単純になくなる
・胃腸に使っているエネルギーが脳にいく(ような気がする)

ことが理由かと思いますが、
間違いなく何かしらの影響はあったのでした。


■今、世の中を見渡してみると、
(と、いうより営業活動でお客様のところに足を運ぶと)

ものすごい確率で、
「働き方改革がテーマ」となってします。

日本中で「生産性を高めよう」
と言われているかのよう。


しかし「生産性」という言葉自体が少し曖昧で、
何を持って”生産性”というのかは曖昧です。

ただ、結局のところ、

『同じ1時間で、より多くの物を生み出すことができる』

ことが「生産性が高い」状態であり、
そのためには、何もエクセルやパワーポイントを
効率よく使いこなすこと”だけ”ではない。

むしろ、知的労働者として働く、

”私達の「脳」がフル稼働をしている状態”
(=そして多くのものを生み出している状態)

こそが、生産性が高い状態なのだろう
そう思うのです。


■では、どうすれば「脳」を最大限フル稼働させ、
効果的、効率的に使えるのか?

それが、最近、書店でも
棚を賑わせている、

『エネルギーマネジメント』
(=食事、睡眠、運動)

である、と思うのです。
(と、いうか、そうなのです)


そのことに、皆が注目しているからこそ、
だからこそ書店にいくと、


『医者が教える食事術 最強の教科書』

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』

『スタンフォード式 最高の睡眠』


などのジャンルの本が平積みされているのでしょう。


■私が、先日の”炭水化物抜き”によって、

「身体が動かない」
「動かす気がしない」

と思ったのと同じように、
恐らく誰もが、食事や、睡眠、運動の影響を、
間違いなく受けているはずです。

ただ、気づいているか、いないか。
意識しているか、していないかだけだと思います。

そして、その「見えない力」が日中の生産性に、
大きな影響を与えているように思います。


昔から、

”ビジネスパーソンは、「セルフ・マネジメント」が大事”

などと言われますが、

今の時代、その中に、自らの

『エネルギーマネジメント』
(=食事、睡眠、運動)

が益々大切になってきているのでしょう。

その概念を取り入れつつ、
どうすればいかに自らの生産性が高まるのか、

これを考え、自分に合った方法を見つけていくこと、
非常に大事なのではなかろうか、
そんなことを思った次第です。


ということで、


【生産性向上は、「食事」から始まる】
(あと、睡眠、運動も!)


と思う次第です。
【本日の名言】
人間の体は機械と同じ。
きちんと動かすためには日ごろの手入れが大切である。
少しでも故障したら、必ず修理してメンテナンスを怠らないことだ。

トーマス・エジソン”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。