500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

負の感情は、「勝手なストーリー」を手放すことで、消えていく

1408号2017/12/22更新

(本日のお話 1756文字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は先日研修を実施いたしました、
ある製薬会社の部長の皆様に、
研修プログラムの説明会を実施。

「第8の習慣 リーダーシップ」

を、所課長の皆様が学ばれたのですが、
その学んだ内容を共有する時間でした。

「学び」を継続するには、現場の協力が不可欠。

そういった意味でも、
有意義な機会だったな、と感じました。


ならびにその他、2件のアポイント。

営業研修の振り返りとフォロー研修についてのご相談、
新人研修のご相談など。


そして、夜はお世話になっている、
ある有名システム会社の皆様と懇親会(忘年会)。

「7つの習慣」の朝活勉強会を継続されてきた会社ですが、
参加された皆様から、いろんな面白いお話をきかせていただきました。

(O社の皆様、ありがとございました)


最近、懇親会続きで、マラソンに向けて
体重を減らすつもりが、逆に増え続けております(汗)

今日と週末、走ります。



さて、本日のお話です。

昨日はリーダーシップ研修にて


”「リーダーのメンバーに対する見方、接し方」が
 メンバーの成果に大きな影響を与える”


というお話をお伝えしたのですが、
その際、ふいに思い出すことがありました。


それは、今週月曜日に参加した、
マインドフルネスの研究家である、
米クレアモント大学の准教授 ジェレミー・ハンター氏のお話。


今日はこのことについて、
思うところをお伝えさせていただきたいと思います。


タイトルは、



【負の感情は、「勝手なストーリー」を手放すことで、消えていく】。



それでは、どうぞ。
■マインドフルネスの研究家である、
ジェレミー・ハンター氏は、こう言いました。


「私たちは、つい、

 『勝手なストーリー』

 を頭の中で思い描いてしまう」


そして、そのことに気が付かねば、
”負の感情”を消していくことはできない、


そのような話でした。


■「ストーリー」とは、何か。

それは、”事実”ではなく、

「自分の”解釈”」

のことを意味します。


つまり、人は”事実”と”解釈”を、
ごっちゃにしてしまう傾向がある、

ということです。


例えば、こんな話を、
ジェレミー氏はしていました。



子供がいるお父さんを想像してください。

おもちゃ屋で、子供が遊んでいて、
いつまでたっても、離れる気配を見せない。

そしてお父さんは平日仕事で、
土曜日もまだ疲れている。

そうすると、もしかすると、
あるお父さんは、こんな風に思うかもしれない。


「わざと、自分を困らせようとしてるのではないか」

「本当はもういいのに、かまってほしくて
 甘えたふりをしているのではないか」


そうやって、益々疲れたり、
せっかくの子供との時間のはずなのに、
その場が楽しくなくなってしまう。



というような場面。


これは、自分が、


『勝手なストーリー』


を作っている典型的な例、といえます。


実際は、

「子供が遊んでいて、
 いつまでたっても、離れる気配を見せない」

ということだけが”事実”。


それ以外は、

自分の頭の中で生み出した”解釈”

でしかない。


それをつい、私たちは、
「事実」と「解釈」をまぜこぜにしてしまう。

そして、それによって、
乱暴に言ってしまえば、

”勝手に不快になっている”

こと、ままあるようなのです。


■こういったこと、
あらゆるところで起こるように思うのです。

”上司から着信があった”

というだけで、

「何か怒られるのではないだろうか」

と『ストーリー』を作って、
一人萎縮をしてしまったり、



相手から来た、

「これはどういうことでしょうか?」

というメールに対して、
その文末に、勝手に(怒)マークを、
頭の中で追加したり、


「失敗をした」という事実にたいして、

”自分は無能である”

と一人拡大解釈をしてしまったり。

(実際は、誰もそんなこと言っていないのにも関わらず、です)


■結局、”事実”でなく、”解釈”で人は傷つきます。

頭の中の『ストーリー』で、
不快になったり、嬉しくなったりするものです。


だからこそ、
そのことを客観的に見る視点を、
常に持てるよう心がけたいものだし、

そのことが上手にできるようになると、
多くの場合、上手く”負の感情”も消化出来ると思うのです。


すなわち、


【負の感情は、「勝手なストーリー」を手放すことで、消えていくもの】。


そのように思います。


自らの心も、上手く制御しつつ、
心身ともに健やかな毎日を送りたいものですね。
【本日の名言】
私たちは皆 自分自身の天気を作ることにより
感情の色を決めているのだ。

フルトン・J・シーン”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。