500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

己の中に揺るがない軸を持つためには、「リベラルアーツ」こそ重要である

1398号2017/12/12更新

(本日のお話 1914文字/読了時間2分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は2件のアポイント。

ならびに、社内ミーティングや、
諸々の溜まった仕事を片付けておりました。

家に帰ってからは、
うず高く積み上げられた机の上の本を整理。

ふと気がつけば、

読みかけの本も、
まだ手を付けていない本も
読み終わった本も含めて、

「積読本」

が110冊(!)も机の上にあり、
まるで東京タワーのごとくなっていることに気付いた次第。

本当に「サムライ塾」に入って、
色々な事を学んできたな、

と改めて振り返ったのでした。



さて、本日のお話です。


机にうず高く積まれた、
歴史、経済、政治、憲法、文化など、
ビジネスには直結しない「教養書」と呼ばれるようなものを、
沢山読んできて、ふと思い出すことがありました。

それが、とある”塾”の話。

(サムライ塾とは別の塾です)


今日はそのちょっと変わった塾のことと、
そして、そこから考えさせられる

「教養(リベラルアーツ)がなぜ大切なのか」

について、思うところを
お伝えさせて頂ければと思います。


タイトルは、


【己の中に揺るがない軸を持つためには、「リベラルアーツ」こそ重要である】。


それでは、どうぞ。
■「不識塾」という塾があります。


私のお世話になっている
ある経営者の方が通っていて、私自身もその存在を知りました。


ちなみにこんな塾です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【不識塾】(ふしきじゅく)

グローバル人材として活躍するには
「リベラルアーツ」の習得こそ必須であるというコンセプトのもと、
経済学者・中谷巌が塾長を務める経営者育成講座。

各企業から1名限定、年間500万円という受講料で、
内外の一流講師を招き、徹底的に討論・対話を重ねる
というスタイルを貫いて定評を得ている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


金額は、1人500万円。

なかなかの金額です。


しかしながら、別に怪しい塾ではなく、
参加をするのは、誰もが知る、
大企業の経営幹部の方が中心。


「企業トップの声」ということで、
名だたる企業のトップが、
錚々たるコメントを寄せています。


■ちなみに、私自身は
「不識塾」とは、何の関わりもありません。

お勧めをしたいわけでも、ありません。
(高いですし)


しかし、

”グローバル人材として活躍するためには、
「リベラルアーツ」の習得こそ必須である”

というコンセプトには、
全くその通りである、と思うのです。



私が約1年かけて学んできた、
「サムライ塾」では、以下のような項目を学んできました。


例えば、


<世界の歴史>

・グローバリズムとは何か?

・なぜ西欧文明は世界を支配できたのか?


<日本文明>

・世界の他の文明や国に比べて日本・日本人・日本文明が大きく異なるものは何か?

・日本は、グローバリズムとどう関わってきたのか?


<リーダーシップ>

・日米戦争と日露戦争における日本のリーダーシップの違いとは?



<戦後問題>

・戦後の日本の問題点は何か?


<経済システム>

・現在の資本主義の問題点はなにか?

・資本主義はどう変わるべきか


<ゲームチェンジャー>

・テクノロジー(AI、IoT)は世界をどう変えるのか?


などなどについて、
各々で本を読み、調べる。

グループでディスカッションをし、
まとめる、ということをしてきました。


そして、上記の内容は、
たまたまかもしれませんが、

先述の「不識塾」とある意味、
同じことをやっています。


■そして、上記のような、

歴史、経済、政治、憲法、など
いわゆる「リベラルアーツ」と呼ばれるものを、
ひたすら学んで、何がわかったか。


一言では言いづらいのですが、


”大局観”


なのかも知れません。



・なぜ、現在このような経済の仕組みになっているのか?

・お金とは何か?

・世界は誰が、どのようにコントロールしてきたのか?

・どんな時、国は、人は滅びるのか?




そんな、歴史という長い縦軸の中、
ストーリーを持って紡がれてきた出来事を、
一つずつ紐解くことで、


”いつの時代もぶれない「本質」”


のようなものを感じるのです。



そうすると、自分の中で、
今の自分を常に俯瞰してみることができる。


よく、

「虫の目(近くしか見えない)」



「鳥の目(全体を見ることができる)」

と言いますが、

この”鳥の目”を、まだまだとは言えども、
少しだけ感じることができる、


そんな感覚を持てる、

そう思うのです。


■今、1年毎に、
ものすごい情報量が飛び交っている時代です。


色んな正解を語る人が出てきて、
己の軸を見失いがちになるかもしれません。


しかし、これまでの歴史を見ると、
この急激なテクノロジーの発達すら、
ある意味、必然のように思えます。


何が変わるわけではないのですが、
気持ちが変わると、ブレなくなるのです。


だからこそ、改めて言いたいこと。


それが、


【己の中に揺るがない軸を持つためには、
「リベラルアーツ」こそ重要である】。


そう、強く思った次第です。
【本日の名言】
既知の世界から未知の世界に行かなければ、
人は何も知ることはできない。

クロード・ベルナール”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。