500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

あらゆることを学びに変える

536号2015/05/19更新

■おはようございます。紀藤です。

昨日は全社MTGと諸処対応案件で、
1日がバタバタと過ぎていきました。

改めて計画、準備が大事だなあと思う、
今日この頃です。

朝10分、週末30分の計画を
もっと集中して行おうと思います。

反省。

さて、話は変わりますが、
今日は「能力を習得する」ということをテーマに、
少し思う事をお伝えしたいと思います。
■武井壮というタレントがいます。

彼曰く、自身の職業は「百獣の王」だそう。
(そんな職業あるのですね・・・笑)

何となく、芸人的な人なのかな?と思っていましたが、
とあるテレビで彼のプロフィールを聞いたときに、
「凄い人だ!」
と密かに驚いたのを覚えています。

彼は、元陸上競技選手で、
陸上競技・十種競技元日本チャンピオンという、
アスリートとして素晴らしい成績を残しています。

しかも凄いのは、その習熟のスピード。

ウィキペディアを見ると、
こんな説明があります。

”武井壮・・・(ウィキペディアより)
第81回日本陸上競技選手権大会十種競技において、競技歴2年半で優勝する[5]。
100m走ベスト記録の10秒54は2013年現在、十種競技・100mの日本最高記録。
中央学院大学卒業後に陸上をやめ、1998年から2000年までアメリカにゴルフ留学。
2001年1月から2月にかけて、台湾プロ野球リーグ・中信ホエールズの冬季キャンプ特別コーチを務めた後、
同年3月からはスポーツトレーナーとしての活動を本格的に始め、
2010年までの間、陸上選手はもとより、
競輪選手・プロゴルファー・プロ野球選手の個人トレーナーも務めていた。”

とのこと。

すなわち、陸上競技で日本チャンピオンをとっただけでなく、
ひとたび「ゴルフ」を始めれば、
最短で留学生特待生に選ばれ、
はたまた「野球」を始めれば
圧倒的スピードで習得をして、
プロフェッショナルのレベルまで高めていった、
というわけです。


■そんな彼に、ある番組の司会者が、
このような質問をしました。


司会者
「普段どれくらい(ゴルフやスポーツなどの)練習されているんですか?」
すると、彼はこのように答えます。

武井壮
「いや、練習はしないんですよ。
 私にとっては、普段の全ての行動が練習なんです」

司会者
「えっ?でも練習しないと上手くならないんじゃないですか?」

武井壮
「”体の動かし方”という意味では、全部同じなんです。
 だから、ペットボトルを手で取るときも、
 [このくぼみに合わせて一発で握る]みたいに、
 身体の動かし方を、いつ何時も意識をしているんです。」

司会者
「なるほど・・・」

武井壮
「だから、新しいスポーツでも、
 ”どうやって思った通りに体を動かせばいいか”さえわかれば、
 すぐできるようになるので、普通の人が3年かかるのを、3週間でマスターできるんです」


■この話を聞いたときに、
「なるほどなあ」と思わず唸ってしまいました。

彼は、あらゆる日常のことを、
例えばペットボトルをとることでも、
椅子に座るときでも、階段を上るときでも、
「”体を動かすこと”を熟達させる」
ことに紐づけて、

【一瞬一瞬から学ぼう、何かを得よう】

としていました。

だからこそ、短時間の中でも、
”圧倒的な習熟度”で成長することができたのではないか、
そう思えるのです。


■同様の話で、
私の友人で、テニスの師匠と仰いでいる人曰く
社会人になって始めた人が、

”圧倒的なスピード”で成長するためには、
 ”日常のあらゆるシーンで、体の動かし方をイメージすること”

である、といっていました。
(例えば、歩くときに、体重移動を意識するなど。
 スイングの体重移動の向上につながるそうです)

つまり、それも武井壮さんの言うような、

「一見関係ない行動から共通点を見つけ、学ぼうとする姿勢」
を高めると、習得のスピードが高まる、
と同じことなのでしょう。


■当然のことながら、1日は24時間しかありません。

仕事も、家庭も大事にしながら、
家事、健康管理、読書、人付き合い、
様々な事をしている私たちに、
与えられた時間は多くはありません。

そんな中で、
・より仕事のスキルを上達させよう
・英語の能力を高めよう
・テニス(ゴルフ)を上手くなろう
としようとするならば、
やはり工夫が必要なのでしょう。

そして、それは武井壮さんがしているように、

1、一見関係なさそう瞬間を工夫して、学びに変えること
2、 ”時間の質”を高めること

この2点が、自らの習熟のスピードを高めるための、
近道になるのではないか、
そのように思うのです。


■「7つの習慣」では、
”第七の習慣 刃を研ぐ”といいますが、
自らの刃を研ぐ(=自分を磨く)スピードも、
ちょっとした工夫で高めていけたら、
皆さまの可能性もより広がるのかも、しれませんね。


最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。
今日が皆様にとって、素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
学ぶことの素晴らしいところは、
誰にも取られることがないってことだ。

            B.B.キング

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。