500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

何をしているときに充実するか、を知ること

499号2015/03/23更新

■おはようございます。紀藤です。

日曜日は初めてのテニスの試合でした。

3人の方とゲームをしたのですが、
結果は、2-6、6-1、6-4と、2勝1敗。

初試合で勝ちこせたのは、
まあまあよかったのかな、と思いながら、同時に、

「どうしたらもっと上手くなれるのだろう・・・」

という悶々とした思いとともに、
テニス雑誌を読みふけっていた週末でした。

全勝を目指して、週末もがんばります!
■さて、本日のお話です。

最近テニスをしていても、
仕事をしていても、よく思う事があります。

それは、
【自分が何をしているときに充実するか】
を自らで知っておくこと、

これが、人生を生きる上でとても大事なことではないだろうか、
と思うのです。

もしかすると、皆さまも、
「自分が何をしているときに充実するのだろう?」
ということは、普段あまり考えないかもしれません。

しかし、最近、
この重要さを非常に強く感じる
出来事がありました。


■どんな出来事かというと、
私の友人の「松澤君」という人物の話を聞いたこと。

少しだけ、彼の説明をさせて頂きますと、
彼は、上智大学という優秀な学歴を持ちながら、
「珍スポットに魅かれる」という
不思議な趣味(?)がありました。
(「珍スポット」とは、
 ロボットレストランとか、
 虫を食べるレストランとか(!)、
 キムタク味のたこ焼きを出すお店(!?)など、
 要は、変なお店です 笑)


■私は彼と昔、
シェアハウスにて一緒に住んでいたことがあるのですが、

彼は自分の部屋に、
「今回の人生は捨てた」
と筆で力強く書いた紙を貼っていました。

そして、その言葉通り、
いい年をして、就職もせず、アルバイトとして働きながら、
ひたすら珍スポット店を回り続ける、

そんな生活を、卒業してから、
数年間にわたって続けてしていました。

頼りにするのは、
”自分の価値観”&”自分の感性”のみ。
普通の感覚を持つ人が見たら、
「確かに、人生半分捨てとるな・・・」
と思ったかもしれません。

他の共通の友人も、
「彼はどこへ向かっているんだろうね」
という話をするほどでした。


■しかし、久しぶりに、
そんな彼の近況を聞くことがありました。

彼は、その後もひたすら珍スポットを巡りまくり、
自分の感性と価値観、
【自分が充実していると感じること】
を徹底的に追求することで、
彼なりの花を咲かせていました。

彼の日々の「珍スポット巡り」を記録した日記が、
『東京別視点ガイド』
という、月間50万PV、
20万人のユニークユーザーが見る、
大人気のブログサイトになり、
そしてその特有の視点を活かして、
地方テレビの出演、ライターとしての活躍へと繋げた、
そんなニュース記事が取り上げられていたのです。

そして、更には、先日
『死ぬまでに東京でやりたい50のこと』著:松澤茂信
という、本の出版まで成し遂げました。

これが彼にとってゴールかはわかりません。

でも、彼自身【自分がやっていて充実するもの】に向かって走り、
それが世に認められたという事実は、とても幸せなことではないだろうか、
そのようにも思うのです。


■成功の定義は人それぞれ。

・大企業で立派に役割を全うする、
・山や森に囲まれて、自然を感じながら毎日を楽しむ
・家族との愛情があふれた日々を過ごす
・ボランティアで人に貢献していきたい

何をしている時が充実するかは、
自分にしかわかりません。

「7つの習慣」でも同様に、
”第二の習慣 終わりを思い描くことから始める”において、
【自分の価値観を明確化すること】
が自分の充実した人生に繋がる、と言います。

「誰かと比較して幸せ」と考えるのではなく、
「自分(だけ)は幸せと感じられる」、
すなわち
【自分が何をしているときに充実するか】
という視点で、
自分自身の目標、目的を考えてみると、
新しい発見があるのかもしれませんね。

松澤君のエピソードを聞いて、
改めて、「打ち込めることを見つける大切さ」
に思いを馳せた次第です。


最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。
今日が皆様にとって、素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
たとえ100人の専門家が
「あなたには才能がない」と言ったとしても、
その人たち全員が、間違っているかもしれないじゃないですか。

              マリリン・モンロー

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。