500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

商売は、「泣かす・笑かす・びっくりさせる」

443号2014/12/29更新

■おはようございます。紀藤です。

今年も残すところ、あと3日。

聞くところによると、多くの会社様は、
既にお休みに入られているそうですね。

とはいえ、お世話になっている方で働かれている方もいらっしゃるとのこと。
(誰かが休むときに働く、これが差になる、ととある有名な経営者が言っておりました)

というわけで、私も30日までメルマガは発信させて頂きます。

今日は自宅の机から、ですが。
■では早速、今日のお話です。


<商売は、「泣かす・笑かす・びっくりさせる」>

テーマパークがお好きな方って、多いですよね。

でも、商売人だったら、喜びはもらうものではありません。

自分からつくっていくのです。

商売は「泣かす・笑かす・びっくりさせる」をプロデュースしなくてはいけません。

この三つは「福を呼ぶ三宝則」です。

自分も、周りの人も、嬉しくなる三方よしの感動キーワードです。

偶然ではなく、自分から仕掛けていくことが大切ですよ。

商売だけではなく、人生も同じです。

常に「泣かす・笑かす・びっくりさせる」を意識していたら、人生はいつだってエキサイティングです。

目が覚めて、一日が始まる朝に「今日もきっとエキサイティングなことを起こすぞ!」と決めるのです。

何となく過ごすのではなく、自ら突っ込んでいくのです。

そうすれば、自分が豊かになれますよ。

商売はノウハウよりも「人情力」
清水克衛 著
現代書林より


■”商売は、「泣かす・笑かす・びっくりさせる」”。

なるほどなあ、と思ってしまいます。

たとえ、仕事がテーマパークでなかったとしても、
このお話は同様にあらゆる職種、業種で言えるような気がします。

私の記憶をたどるだけでも、
・コンビニ店員さんの予想しなかった優しさ
・お掃除のおばちゃんの、突き抜ける気持ちほどの挨拶
・会うといつも楽しく、元気をもらえる営業マン
などは、いつまでも心に残りますし、
「ああ、素晴らしい人(職業人)だなあ」と感じます。


■何となく惰性で1日を過ごすこともできれば、上記の話のように
「少しでもエキサイティングしてもらおう」と心がけて1日を過ごすこともできます。

どちらも選択は自由。

で、あるならば、よりプラスの影響がある行動をしていきたいもの。

「7つの習慣」では、
”第一の習慣 主体的である”において、
【自分が影響できること(影響の輪)に、日々集中すること】
が人生をより豊かにする、と述べていますが、
その一つに、
”誰かの心に残る「泣かす・笑かす・びっくりさせる」を工夫してみる”
というのも、入れてみたら、1日気持ちよく過ごせるかもしれませんね。

今日のメールが、皆さまにとって
少しでも「エキサイティング」なことであることを願いつつ(笑)


最後までお読み頂き、ありがとうございます。
今日が皆様にとって、素晴らしい一日になりますように。
【本日の名言】
真の意味で僕を豊かにしてくれたのは、
僕が受け取ったものより
多くのものを与えた場合だけでした。
   
              サン・デグジュペリ

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。