500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

ストレスは健康に悪い、はウソ

436号2014/12/17更新

■おはようございます。紀藤です。

手術から2日たちました。

喉の扁桃腺をとると、傷が露出しているので、
そこを何かで「ジュッ」と焼くそうです。(ひえー、ですね…)

というわけで、まだ喉が痛いですが、
だんだん元気になってきましたので、
これまた回復へのステップ、ということで、
前向きに頑張りたいと思います。
■それでは、本日のお話です。

「ストレスと健康の関係」について、
非常に興味深い研究結果を示しているお話です。

ではどうぞ。


~「ストレスが身体に悪い」は嘘~

健康心理学者のKelly Mcnigal氏が、
ストレスと健康の関係について、長年研究をしてきました。

彼女は「ストレスは健康によくない!」と
長年にわたって言い続けてきました。

しかしある研究結果を見たときに、
彼女は考え方を変えた、と言います。

その研究とは、アメリカ成人30,000人に対して8年間におよび追跡、
健康とストレスの関係について調査する、というものでした。

毎年、1年間のストレスレベルを測る質問をし、加えて
「ストレスは健康に害であると思いますか?」
という質問もします。そして、参加者の生死も毎年確認します。

さて、この研究結果から何が分かったのでしょうか?

まずわかったのが、
前年重度のストレスを感じた人々が、
翌年亡くなる確率は43%高かったとのこと。

しかし、本当に注目すべきなのはここから。

実はこの数字は、
”「ストレスが健康に悪い」と信じていた人だけ”
に適用される数字だという事だった、ということです。

つまり、ストレスが高くても、
「ストレスが健康に悪い」と思っていない人にとっては、
ストレスは特に害がなかった、という話になります。

更に細かく分析していくと、
「ストレスが健康に害をもたらすに違いないと信じること」は、
昨年のアメリカ国内死因順位15位となります。

皮膚がん、HIV/AIDS、そして殺人よりも多く、
「ストレスが害であるという信念」
が人の命を奪っていることになります。

(中略)

逆に、ストレスを違った見方で捉えた実験があります。

ある緊張を伴うテストにおいて、
研究者から被験者が、こう言い聞かせられました。

「ストレスに反応することはいいことなんですよ」。
「心臓がバクバクするのは素早く次の行動に移るため。
 呼吸が早くなっても大丈夫、
 それは脳にたくさんの酸素を送り込んでいる証拠ですから。」

このように説明を受け、

【ストレスは良い結果を残すのに欠かせないものなのだ】

と理解した参加者のストレスや不安感情はより少なく、
自分への自信度はより高まりました。 

「ストレスが体に悪い」と信じれば、
健康に害を与えるものになります。

逆に「ストレスとは良いものだ」と信じれば、
身体全体の作用が「ワクワク」状態になります。

(TED:Kelly McGonigal: How to make stress your friendより)


■いかがでしょうか。

「気の持ちようが大切」と、しばしば言われますが、
実際に数字の結果を元に語られる内容だと
より説得力を感じてしまいますね。

このお話に通ずる内容で、「7つの習慣」では、

【SeeーDoーGetサイクル】

という世の中に働く「原則」がある、と言います。

これは、
私たちの”See(ものの見方、考え方”が
”DO(行動)”に影響を与え、
そして”Do(行動)”が”Get(結果)”に影響を与える
ということを伝えているモデルです。

ここで言いたいのは、
”結果を大きく変えたければ、
私たちの行動を変えるだけでなく、
そもそもの”ものの見方・考え方”を変えることが大切である”
ということです。


■先ほどの話の場合、
「ストレスを”害”と見るのか それとも”良いもの”と見るのか」 (=See)
が当人が意識していなくとも、
死亡率に影響を与えている、という内容でした。

ですが、このことを少し広げて考えてみると、
もしかすると、自分自身では気付いていない、
”私たちのものの見方・考え方”
が、私たちの日常に大きな影響を与えていることが
他にもあるのかもしれない、と思えてしまいます。

・ストレスは健康に良いか or 悪いか
だけではなく、
・お酒は体に良いか or 悪いか
とか、
・人を育てるには叱るのが大切 or  褒めるのが大切
とか、
・仕事はスピードが大切 or 仕事は質が大切 
などもそう。

自分の「ものの見方・考え方」が、
自分の行動パターンを決めている例はいくらでも見つかりそうです。


■だからこそ、
もし今上手くいかないこと、結果を変えたいことなどがあったとしたら、
「自分にとっての当たり前が正しいのか?」
という質問を自分に投げかけてみるのも、
面白いかももしれません。

もしかすると、
「ストレスは健康に悪い (・・・に違いないと自分が思い込んでいた)」
ということに気付くきっかけになるのかもしれません。


最後までお読み頂き、ありがとうございます。
今日が皆様にとって、素晴らしい一日になりますように。
【本日の名言】
理性、判断力はゆっくりと歩いてくるが、
偏見は群れをなして走ってくる。
                
                 ルソー

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。