500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

忘れた頃に花は咲く

409号2014/11/06更新

■おはようございます。紀藤です。

ものすごく当たり前だけれども、
そうだよな、思う文章に出会いました。

こんなお話です。


ガーデニングをしたことがあるならば、
赤いサルビアの種をまけば赤いサルビアが咲き、
白いコスモスの種をまけば、白いコスモスが咲くことを経験しているでしょう。

ガーデニングや畑仕事では、ほしい結果をもたらす種をまきます。

赤い花を咲かせたいなら、赤い花の種を、
白い花を咲かせたいなら、白い花の種を。

いま咲いている花、目の前の結果は、以前まいた種によるものです。

これほど明確なことはありません。

いまの現実は、まぎれもなく、自分がまいた種によるものです。

「まかぬ種からは生えない」のです。

まいた種以外のものが現実化することはあり得ません。

「学びを変える技術」より


■色々と今の結果や、現状に対して思うことがあっても、
確かに、それは過去の自分のまいた「種」でしかありません。

「自助論」で有名なサミュエル・スマイルズはこういいます。

”思いの種を蒔いて、行動を刈り取り、
行動の種を蒔いて、習慣を刈り取る。
習慣の種を蒔いて、人格を刈り取り、
人格の種を蒔いて、人生を刈り取る。”

勉強をするとか、
小さな親切を繰り返すとか、
学んだことを実行しようとする、など、
結果もすぐには出ず、
継続することも難しいことかもしれません。

しかしながら、
種をまき、育て続ければ、
忘れた頃に、きっと花は咲く。

そう信じて、毎日を精一杯生きることが
大事なのだろうな、と思う次第です。


最後までお読み頂き、ありがとうございます。
今日が皆様にとって、素晴らしい一日になりますように。
【本日の名言】
あなたの話は信じてもらえないかもしれない。
でも、あなたの行いは誰もが信じるでしょう。
   
                ルイス・キャロル

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。