500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「長生き」なのか?「長く有った」のか?

373号2014/09/10更新

■おはようございます。紀藤です。

錦織選手、あと一歩で
優勝を逃してしまったのは残念でしたが
日本とアジアの歴史に新しいページを加えてくれました。

ぜひ次こそは優勝を!
これからが楽しみですね。
■さて、今日のお話は

”「長生き」なのか?「長く有った」のか?”

というお話。

興味深い内容でしたのでご紹介させて頂きます。


セネカによれば、
普通の意味で、時間的に長く生きた人を「長生き」というのではない。

単に時間的に長生きしたというのは、
「長く生きたのではなく、長く有ったにすぎない」というわけだ。

そして、
「生きる」ことと「有る」ことの違いを
「航海」にたとえている。

「例えばある人が港を出るや否や激しい嵐に襲われて、
 あちらこちらへと押し流され、
 ・・・風向きの変化によって、
 同じ海域をぐるぐる引き回されていたのであれば、
 それをもって長い航海をしたのではなく、
 長く翻弄(ほんろう)されたのである」

「賢人は人生を教えてくれる」
渡部昇一 著/致知出版社より


■「7つの習慣」では、
”第二の習慣 終わりを思い描くことから始める”
において「個人のミッションステートメント」を持つことが、
効果性の高い人生のために重要である、と言います。

先ほどのように、
人生を「航海」に例えるならば、
”新しい大陸を発見する”
とか
”海賊王になる(「ワンピース」より)”
など、自分なりの目的地やゴール地点を決めたほうが、
より充実した航海になるのかもしれませんね。


今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。
今日が皆様にとって、素晴らしい一日になりますように。
【本日の名言】
人生を最大に生かすということは、
人生の長さを超えるものに
人生を費やすことである

             ウィリアム・ジェームズ

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。