500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「奇特な方」のススメ

574号2015/07/13更新

(今日のお話 1920文字/読了時間2分半)
■おはようございます。紀藤です。

土日は読書やテニス、映画など。
欲に任せて趣味に興じておりました。

ちなみに、テニスは、
9人ほどのミニトーナメント(超初級ですが)で、
初の優勝ができました。

5月は試合に出て実力を確かめ、
6月は弱点を強化し、
7月に再度試合でリベンジ、

とテニスはテニスで、
自分の成長ストーリーを勝手に描いておりましたので(苦笑)
大したことがない試合ながらも、嬉しく思いました。

プライベートでも、
何かしらの目標を持つことの価値、
しみじみ感じた週末。
■さて、先週7月10日(金)の夜に、

『アチーバス』

なるボードゲームの体験会を行いました。

今日はこの”アチーバスの集い”から感じたことを、
共有させて頂きます。

ちなみに、この”アチーバスの集い”が
開催された、ことの発端は、
6月18日のメルマガにて

「アチーバス」

というボードゲームを、
こんな形(↓)でご紹介したことから。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

皆様は「アチーバス」

というボードゲーム、ご存知でしょうか。

これはアメリカで開発されたゲームで、
自己啓発書の祖とも言われ、
世界で7000万部売り上げた
『思考は現実化する』という本の内容を、
ゲームで学びながら体感しましょう、
というコンセプトのものです。

アチーバス。

すなわち、achieve(達成する)+ us (私達)
”私たち皆で達成する”
という意味が込められたタイトルです。

「紀藤さん、アチーバス、絶対面白いですよ!」
と薦められ、参加したときも、
少し冷静にゲームを見ていたのですが、
客観的に見ても、非常に面白く、
良くできているなあ、と唸らされるゲームでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、このメルマガに対して、

10数名の方から
「ぜひやってみたい!」
とご返信を頂きました。

そんなこんなで、
合計12名の”奇特な方”に
お集まりいただき、かなりの盛り上がりで会を終えることができました。


■ここで、あえて、
お集まりいただいた皆様を

【奇特な方】

と表現させて頂いたのには、わけがあります。

・・・というのも、
思うに実際のところ、大多数の方は
メルマガを見ても、

「アチーバス?なんじゃそりゃ?」
「ふうん、そういうのもあるのね」

くらいのリアクションが普通だと思うのです。

むしろ人によっては、

・自己啓発書の祖とも言われた『思考は現実化する』の
 本の内容を、ゲームで学ぶ
 とか、

・アチーバス。すなわち、achieve(達成する)+ us (私達)
 ”私たち皆で達成する”を感じる
といった段階で、
「ちょっと胡散臭い…」と思う人もいても、
別におかしくはないでしょう。


■しかしながら、そんな中、
私とも話をしたこともないのに、

「やってみたい」と、
わざわざリアクションをして、
見ず知らずの人達とボードゲームをすることを決める、
思いつきと行動力。
(しかも、花の金曜日の夜に、です笑)

これは、”奇特な方”であるなあ、

と、尊敬の念を込めて、
そう思ったわけです。


■でも、この”奇特さ”こそ、
素晴らしいと思うのです。
(そしてここが今日一番お伝えしたいところです)

実際、このちょっと怪しい会(汗)に参加された皆さんの、
”アチーバス体験”の感想を聞くと、

「すごく楽しかった!」
「普段関われない人と敢えてよかった」
「ゲームを通じて、多くの気付きがあった」

などなど、総じて、

『来たからこそ、予想もしない体験ができた』

と言っていただけました。

そして逆に言えば、そのような体験は、
「来なければなかった」、
とも言えます。


■誰にでも当てはまると思うのですが、
何か気になるイベントなどあったとき、
「いこうかな、どうしようかな」
という状況、しばしばあると思います

貴重な時間を使うのですから、
「何か得られるものがあるかどうか」を慎重に考えるのは、
ある意味当然だと思います。

でも、極端に行ってしまえば、

「何が得られるかは、行ってみないとわからない」

というのが真実なのだと思います。

ヒットすることもあれば、
空振りに終わることもある。

しかしながら、「ビビッ!」何かがあったら、
その感覚に任せてとりあえず、
参加をしてみたり、調べたり、アクションをとってみる、

そのことで得られることは、
予想以上にも多いのではないか、
と、思うのです。


■考え方によっては、
思慮が浅い、とか、無計画、と呼ばれるものかもしれません。

それでも、

【何を得られるかわからない中でも、
 とりあえず気になるから行動する】

ことによって
偶然得る物があったり、
それが思いがけず人生を変える出来事になることだって、
あるかもしれない。

それは何百の1くらいの確率かもしれないけど、
可能性はまずは飛び込むことで生まれるものではないか、

アチーバスに参加されて、
「予想以上に面白かった」と語られた参加者の方を見て、

そのように思ったのです。

そんなことを考えると、

”気になることがあったときは、まず、飛び込んでみる。”
”気になる人がいたら、まず会ってみる”
”行きたいところがあったら、まず行ってみる”

というように、無鉄砲で、
思い付きで行動する”奇特な人”になってみると、

それが、自らの可能性を拡げる、
ことになるかもしれませんね。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
世界とは一冊の本であり、旅に出ない者は
同じページばかり読んでいるのだ。

                 アウグスティヌス

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。