500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

過去や未来でなく、”今この瞬間”に目を向ける 

570号2015/07/07更新

(今日のお話 2378文字/読了時間3分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は2件のアポイント。
夜は定期的なコーチング(受講側)でした。

アポイントでは以前からご相談頂いていた、
あるメーカー様の海外子会社向けに、
米国でのマネジメント研修(英語)のご提案など。

しばしばお話を頂きますが、
フランクリン・コヴィーでは、
英語を始めとした各国の言語での海外研修なども行っています。

”グローバル化”と言われて久しい昨今。

「リーダーシップ」「マネジメント」などのテーマで、
世界的に研修を行いたい、ということがあれば、
ぜひお気軽にご相談下さいね。

営業のご案内はこれくらいにいたしまして(苦笑)、
早速ですが、本日のお話です。

昨日は ”ストレスから解放される考え方”、として
「マインドフルネス」というお話をお伝えいたしました。

よくわからなかった、という声も頂きましたので、
本日も続けます。
■「ストレス」というテーマについて、
少しだけ、私の身の上話をさせて下さい。

私の過去の話です。
(お急ぎの方は、読みとばし下さいませ)

私は、新卒のとき
とある有名外食チェーンに入社いたしました。

入社した動機は「成長をしたかったから」。

就職活動の中の「多くの経験ができる」という口説き文句と、
当時異彩を放っていた有名社長のカリスマ性に魅せられて、
その会社に入社を決めました。

「何がなんでも成長をしたい」。

こんな漠然とした、
強迫観念とも思える成長願望を抱えて、
日々過ごしていました。

「もっと頑張らねば…」
「まだ全然足りない…」

毎日、自分を追い立て続けます。

高熱が出ても出勤し、
月に2日の休みで働いたり、
朝10時から朝7時まで通しで勤務するなど、
目まぐるしい状況が1年続きました。

そしてある時、
店でとある人間関係のトラブルがありました。

その時に「ぷつっ」と何かが切れるような気がしたのです。

「こんなに成長、成長、と叫び続けた果てに、
 果たして何が待っているのだろうか・・・」

こんな心の声が、自分の内から聞こえた瞬間、
張りつめていた糸が切れるかのように、
それから、全く頑張れなくなってしまったのです。

その後、ボロボロと崩れるように心身に支障をきたし、
そのまま会社を辞めることになりました。


■「ストレス」とは目に見えないものです。

そして、人によっても感じ方は違います。

私と同じような状況で働いていた人も、
元気な人は元気でしたし、
楽しそうな人は、毎日楽しそうに働いていました。

しかし、私は目に見えない中で、
気付かないうちに大きなストレスを抱えていた。

だから、「ぷつっ」と切れる瞬間が訪れたわけです。

では、元気な人もいる中で、
私はなぜゆえにストレスを感じ、
そして心身に支障をきたしてしまったのか。

ここが今日、皆様と、考えたいところなのです。

あくまでも私のケースではありますが、
今思えば、私のストレスが溜まり続けた原因の一つは、

「先の成長ばかり考えて、
 今、この瞬間を楽しむことを忘れていたから」
 
ではなかっただろうか、とも思うのです。

「成長しなければ」と思うあまり、
今の自分と理想の自分のギャップを日々感じ、
”自分が足りないところ”にばかり目がいってしまった。
結果、毎日が辛くなってしまっていた、

そんな感覚があったように、今だからこそ感じるのです。


■「ストレスからの解放」をテーマに書かれた、
『ストレス・フリー』という本では、

”ストレスから解放されるための一つの要素”として、

【「マインドフルネス」… 今、この瞬間に集中すること】

という考え方を提唱しています。


「マインドフルネス」について、
以下、本文からの引用です。

英国人哲学者アラン・ワッツは、
マインドフルネスの本質を次のように解説する。

”交響曲は終わりに近づくほど良くなるとか、
 演奏する目的は最終楽章を聞かせることにある、
 などとは誰も想像しないだろう。
 
 音楽の良さというのは、演奏し、
 聴く瞬間瞬間に見出されるものだ。
 
 私たちの人生を考えても、
 このことが当てはまる部分が多いと私は思う。
 
 そして、人生をより良きものにしようと夢中になりすぎると
 (人生の最後の局面にばかり意識を向けるのも同じことだろう)、
 人生を生きる楽しみをすっかり忘れてしまいかねない。”

「マインドフルネス」とは、
一度に一つのことだけに全神経を集中するということである。

要するに、過去や将来を始終気に掛けることに、
現在という時間を浪費するのをやめる、ということだ。

目の前にある現在という瞬間はストレスがないが、
過去や将来はそうとは限らない。

どちらについて考えるか、
決めるのはあなた自身である。

『ストレス・フリー』
(著:マイケル・オルピン、サム・ブラッケン)


■過去や未来を考えすぎると、

「あの時、ああすればよかった」
「明日はこんなにもやることがある」
「一体、いつまで忙しく働き続けるのだろうか」

と、杞憂、心配、後悔などの念が
頭を占領してしまうことがあります。

そして、ここで言いたいのは、

<このような”杞憂、心配、後悔”こそが、
 ストレスの原因になっていることが多いのではないか>

ということなのです。

だから、
今この瞬間に集中しようとする

「マインドフルネス」

という考え方を意識的に取り入れられれば、
そのような杞憂、心配などの想い(=ストレス)から解放されやすくなるのではないか、
そのように伝えているわけです。


■とはいうものの、言うは易し、行うは難し。

そんなに過去、将来の不安を
すぐに忘れられれば苦労ありません。

私自身も、こんなことを書きながら、
いまだに心配したり、明日の不安を感じたり、
くよくよしたりすることも(残念ながら)まだまだ多いです。

しかし、一つ言えることは、
こういう発想(マインドフルネス)を知っているだけでも、

「いかんいかん。
 今、自分はいらぬ取り越し苦労をしている。
 今この瞬間を楽しもう。」

と自分を客観的に省みる、
きっかけにはなりえるということ。

そうすると、
今食べている美味しい食事とか、
これから訪れるだろう気持ちよい睡眠とか、
読んでいる本の世界観などに、
少しだけ集中できる気もするのです。

そして、それがストレス解放の一助になる、
これは経験則としてそのようにも感じるのです。

「ストレス」というのは幅広いもので、
特効薬はなかなかないのかもしれません。

でも、ストレス解消の小さな工夫を実行してみる価値はあるはず。

そんな意味合いも込めて、
本日のお話が参考になれば幸いです。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
さしあたる、その事のみをただ思え。
過去は及ばず、未来知られず。

                  中村天風  

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。