500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

腰痛の根本治療から考える「7つの習慣」活用法

286号2014/05/09更新

■おはようございます。紀藤です。

私事ですが、最近「腰」を痛めており、
整骨院へ通う日々が続いております。

というのも、最近テニスにはまっており、
休日や、夜など、時間を見つけては
頻繁に行くようになりました。

しかしながら、テニスの動きとは
予想以上に腰に負担がかかるようで、
気付いたら、常に腰が重たい状態になっており、
終いには、痛くて何もしてなくともズキズキ痛む・・・

そんなツライ状態になってしまいました。


■整骨院に行くと、
色々痛みの原因を教えてくれたのですが、
結局一番の理由は、
「股関節が固いこと」でした。

電気治療や、マッサージをして
一時的に痛みを緩和することはできるけど、
結局「股関節の筋肉」を柔らかくしなければ、
また痛くなってしまうからね、

そんなアドバイスを頂き、
「これからは毎日ストレッチをするように」
と念を押されました。


■よくよく考えると、今回、
腰が痛くなったそもそもの理由も
ストレッチを怠ってテニスをしたことでした。

「早くテニスしたいし、5分位いいだろう」
「ちょっと面倒くさいからいいや」

このような気持ちがあったことは、
正直否めません。

しかしながら、そのような
予防に対しての軽んじた見方が、
結局は大きな負債となり、
私の腰にのしかかってきたわけです。


■そしてこのような、「予防」の大切さは、
「7つの習慣」でも”成果を上げ続ける原則”として伝えられています。

それは、
【第三の習慣 重要事項を優先する】における、
「時間管理のマトリクス」というもので紹介されています。

「時間管理のマトリクス」とは、
・「重要なこと」「重要でないこと」という縦軸と
・「緊急なこと」「緊急でないこと」という横軸で構成される、
4象限のモデル図です。 

そして、私達が成果を出し続けるためには、

【第二領域】 (= 「重要なこと」×「緊急でないこと」)

に時間を割くことがポイントである、といいます。

【第二領域】の代表的な活動とは、
「予防」、「準備」、「計画」、「人間関係作り」、「自分自身の能力開発」 など。

私の腰痛の話でいえば、
整骨院の先生が話をしてくれた、
「毎日のストレッチ」などは、
まさしく「予防」そのものでしょう。


■そしてこのようなことは、
腰痛だけでなく、あらゆることに言えるでしょう。

将来のための学習をおこたり、怠惰に勤めていたとしたら・・・
半月後のプレゼンのための、準備を後回しにし続けたとしたら・・・
今が健康だからと、暴飲暴食を毎日し続けたとしたら・・・

結果は、何となくわかるのではないでしょうか。


■予防や準備、能力開発(勉強)などは、
忙しい中、やってもやらなくても、
すぐに何かが起こるわけではありません。

しかしながら、
【第二領域の活動】をするかしないかは、
私の腰痛の火種が水面下で着実に育っていったように
確実に蓄積されているもの。

それは、岩を打つ水滴のごとく、
じわりじわりと私達の内部に影響を与え、
そしてある日突然、結果として表出するものなのかもしれません。


■であるならば、
すぐに結果に表れないとしても

・予防を怠らない
・自分にための能力開発
・適度なレクリエーション
・人間関係作り

などなどを心がけ、
私の腰痛のような悪い例にならないように(汗)、
日々のストレッチ、すなわち【第二領域】を心がけることが、
大切なのでしょうね。

皆さまにとっての【第二領域】、
どんなものがありますか?
【本日の名言】
偶然は、準備のできていない人を助けない。

                ルイ・パスツール

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。