500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「カッツ理論」から、人材育成を考える 

285号2014/05/08更新

■おはようございます。紀藤です。

さて、朝からいきなりで恐縮ですが
皆さま、「カッツ理論」という言葉をご存知でしょうか。

ビジネススキルや人材育成に興味関心のある方なら
聞いたことがあるかもしれません。

本日は、そのお話から感じたことを、
共有したいと思います。


■そもそも「カッツ理論」とは、
ハーバード大学のカッツ教授が提唱したもので、
1955年に発表されて依頼、
今日の管理者の評価システムや人材育成プランにも
影響を与えている、と言われているものです。


■カッツ教授は、
「管理者に求められるスキル」
について3つのものがあると言います。

それは、「テクニカル・スキル」「ヒューマンスキル」
「コンセプチュアル・スキル」の3つ。

「テクニカル・スキル」は、
担当業務に必要な知識や技術のことです。
例えば、SEならITスキル、会計なら簿記、営業ならプレゼンテーションなどを指します。

「ヒューマンスキル」は、
仕事や職場における人間関係を構築し、維持する技術のことです。
対人コミュニケーション能力、協調性、柔軟性などを指します。

「コンセプチュアル・スキル」は、
取り組むべき課題や問題の本質を的確に捉え、構造化、概念化する技術のこと。
経営戦略の決定などに必要な能力とされます。


■このように並べてみると、
どのスキルも不可欠なように見えます。

では、この中で、特に重要なものは何なのでしょうか。

これは、明確な答えがあるわけですし、
また、どれも不可欠なことは前提としてですが、
ある視点からみると、

”特に「ヒューマンスキル」は重要である”

と思うのです。


■この理論には、続きがあり、

”「テクニカル・スキル」「ヒューマンスキル」「コンセプチュアル・スキル」
 の3つは、それぞれ特に必要とされるステージ(階層)がある”

と論じられています。

それぞれ、Lower(監督者層)、Middle(管理者層)、Top(経営者層)にわけて、
3つのスキルの何が、どれくらい必要とされているか、というと、


Lower(監督者層) → ヒューマンスキル 50% + テクニカル・スキル 50%

Middle(管理者層) →  ヒューマンスキル50% +テクニカル・スキル 25% + コンセプチュアル・スキル25%

Top(経営者層) → ヒューマンスキル50% +コンセプチュアル・スキル 50%


というような構造になっています。
(※「%」は実際のカッツ理論で表される図のイメージです)

これを見ると、

”管理者はLowerでも、Middleでも、Topでも、
「ヒューマンスキル」は欠かせない”

と言えるのではないかと思います。


■ヒューマンスキルを図るのは、
なかなか難しいことであるため、

「教育」というと、成果が可視化しやすい、
ITスキル、マネジメント手法、資格取得などに
流れがちになることも少なくないように思います。

しかしながら、どんなステージであっても、
「ヒューマンスキル」は人材育成と、
それに伴う企業の業績拡大のためには必須のもの。

であるならば、定期的に、

「自分のヒューマンスキルについて考える」
「社員のヒューマンスキルを特に強化するタイミング」

というものを設けることも、
大切なのかもしれませんね。
【本日の名言】
人間は、優れた仕事をするためには、
自分一人でやるよりも、
他人の助けを借りる方が良いものだと悟ったとき、
偉大なる成長を遂げる。

           アンドリュー・カーネギー

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。