500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

上手くいかないときほど、最高のイメージを。

222号2014/02/03更新

■おはようございます。紀藤です。

週末は、会社のランニングクラブで
レインボーブリッジ、お台場と走りまわったり
近所の方々とテニスをしたりとスポーツ三昧でした。
体を動かすのは気持ちがいいものですね。

とはいえ、もう少しテニスコートなど、
運動できる場所が東京都内にもたくさんあればいいのに、
と思う今日この頃です。

さて、本日はそんな「スポーツ」
から得た教訓をひとつ、ご共有をしたいと思います。


■ちなみに先ほど「テニスをした」とは言いましたが、
私は特にテニス部というわけではありません。
何となく好きで、お誘いをされたら
ちょくちょくやっているというレベル。

ですので、さほど上手くもありません。
が、実際にゲームとなると、つい本気になってしまう性格。

ゲームのたびに「うまくやろう」と強く思い、
「失敗しないように」「丁寧にやろう」と力めば力むほど、不思議かな、
どんどんネットにかかったり、
明後日の方向にボールが飛んでいったり
失敗を繰り返してしまいます。

そして負けの連続・・・。

こんなスパイラルに完全にはまってしまいました。


■こんな時、学生時代に部活で教わった

「イメージトレーニング」

という言葉を思い出しました。

有名な言葉なので聞いたことがあるかと思いますが、
簡単に言うと、

×「失敗した。何で失敗してしまったんだろう」
ではなく、
〇「上手くいった時のことをイメージしてやろう」

という方がより上手にできる、という
一つの訓練の手法です。

これは非常に効果的で、
脳科学的にも証明されている内容。

私達がリアルにイメージした場合、
脳は現実とイメージ区別がつかなくなる(=実際の訓練と同じような効果がある)
そんな風に言われているそうです。

というわけで、

「失敗しないために、どうしよう」
から、
「上手にやったときのことをイメージしてみよう」

と思考回路を切り替えてみました。

すると、依然下手ながらも
少しはうまくいくようになったわけです。

最後のゲームは勝ち越すこともできました。


■ここからが本日はテーマなのですが、
このようなことは、私達の日常にも当てはまるように思うのです。

私たちは、何だか上手くいかないことがあると、
そして、真剣に考えていれば考えているほど、

「なぜ上手くいかなかったのか」
「どこがいけなかったんだろう」
「何か自分に落ち度があったのだろうか」

と、どんどん「失敗」という言葉に
集中してしまうことがあります。

そうすると、考えすぎるあまり、
ずぶずぶと「失敗の池」に足を取られて、
結果的に身動きができなくなってしまう、
そんな事も時には、起こりうるのではないでしょうか。

一生懸命、真剣に何度も何度も打ち返しても、
ネットにかかってしまうテニスのように、です。

もちろん、失敗の原因を分析することは大切です。
冷静に分析し、次に活かすことが出来れば、
確実に前進できるのでしょう。

しかしながら「失敗」という言葉を考えるがあまり、
それにとらわれて、モチベーションを損ねたり、自信を喪失したり、
楽しめなくなったりしては本末転倒ではないか、
とも思えるのです。


■「7つの習慣」では、

【知的創造が物的創造に先立つ】

という言葉をご紹介しています。

”「結果を自分の頭の中で描く(知的創造)」 という行動がまず行われ、
次の段階として 「実際の物が形になる(物的創造)」”

というあらゆることに通じる原則である、と言われています。

何だか、上手くいかないことが続くと、
ついそちらに引っ張られがちなりがちですが、

【上手くいかないときほど、最高の結果・状態を頭で想像する】

という姿勢で物事の取り組むことが、
先ほどのテニスの例ではありませんが、
負のスパイラルを断ち切り、
よりポジティブに、楽しく、
良い結果を生み出せるきっかけになりえるのではないか、
とも思うのです。

一つの例ではありますが、
ネガティブなイメージにとらわれるよりも、
数倍、健康的で、プラスになることは間違いないでしょう。

イメージ、大切にしたいものです。


■今日のお話は、

・テニスをやった。しかし上手くいかない。

・上手くいかないと、「失敗の原因」を考えすぎて、
 囚われ、そしてまたうまくいかない、という
 負のスパイラルに入ってしまいがち。
  
・しかしながら、「イメージトレーニング」の理論を考えると、
 失敗の原因にとらわれて落ち込むよりも、
 上手くいった時のことを考える方が効果的である、と言われる。
 
・同様に「7つの習慣」でも【知的創造は物的創造に先立つ】と伝えており、
 自分の頭の中で描いたことが、実際に形になる、と伝えている。

・であるならば、ネガティブなイメージにとらわれるより、
 出来るだけポジティブに「上手くいった時のこと」を考えるようにした方が、
 楽しく、成功確率も高まるのではないか。
 
という内容でした。


今日も皆様にとって良い一日になりますように。
【本日の名言】
人が想像できることは、
必ず人が実現できる。

              ジュール・ヴェルヌ

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。