500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

A定食か、はたまた、B定食か。

158号2014/10/18更新

■おはようございます。紀藤です。

昨日の「アンパンマンの話」は、
皆さまから色々な反響をいただきました。

やっぱりアンパンマンは、皆のヒーローなのですね。
アンパンマンのマーチ、何度聞いても心にしみわたります。
■さて、今日のテーマは
「A定食か、はたまた、B定食か」
という内容ですが、

皆さんにも、こんな経験ありませんか。

私たちの日々の生活は、選択の連続です。

意識していない小さなことから、
人生に関わる重要な決断まで、
数えきれないほどの「選択」があります。

その繰り返しで人生ができているといっても過言ではないでしょう。


■たとえば、お昼に入った定食屋。

A定食(唐揚げ定食) 
VS 
B定食(温野菜定食)

これも選ぶときに、
ガッツリ唐揚げを食べて食の快楽を追求するか、はたまた、
健康を気遣って温野菜にするか。または、
お金を気にして何も食べない、
なんて選択肢もあるかもしれません。

こんなとき、スパッと決められる方は
おそらく自分の中の「基準」をもっているからでしょう。

こんなのはわかりやすいので、
スパっと選ぶことができますね。


■ですが、例えば
仕事 or 家族、
健康 or お金、
友情 or 恋愛、などではどうでしょう。

きっと定食より迷うでしょう。

だって、どっちも大切なものですし、
しかも、関係する大切な人々がいるので、
「絶対こっちである」などとは言い切れません。


■ですが同時に、人生においては、色々な岐路があることも事実。

どちらかを、どうしても選ばねばいけない瞬間も訪れるかもしれません。

「半沢直樹」じゃないですが、
決断の瞬間において
家族の幸せをとるか、友情を守るか、はたまた仕事をとるかなどは、
まさしく究極の選択でしょう。

結局、どちらが正しい、などは
この問いにはないとは思います。

しかしながら、一番悲しいのは、
迷って、迷って決断できず、
その結果、チャンスを逃してしまうことだったり、
迷って、迷って、その結果、
結局、自分のした選択に後悔をすることになったら、
非常につらいものです。


■では、どうすればこのような「選択」に
納得感のある答えをみつけられるのか。

それが、

【自分にとって「価値観」を明確にすること】

だと思うのです。

自分の大切にしている「価値観」は何か、
そしてその「優先順位」は何か。

このことについて考えることで、
選択する「基準」を作ることと似ています。


■『7つの習慣』の
「第二の習慣 終わりを思い描くことから始める」
においても、価値観を明確にする大切さに触れています。

あなたにとって最も大切なものはなにか。

それを理解していれば、
自分自身の価値観やミッションを確信していれば、
周りのいろんなノイズや、
社会的通念に惑わされず、
信念をもって行動を選択できるのかもしれません。


■先日のアンパンマンのマーチでこんな歌詞がありました。

「何が君の幸せ 何をして喜ぶ
 わからないまま終わる
 そんなのは嫌だ!」
 
■この問いを深く考えること、そして
自分の最も大切にしていることは「これだ!」と思うことができれば、
人生の重要な選択においても、

「自分はA定食!」
のように、スパッと決めることができ、
そして、チャンスをものにする確率も高まるのかもしれません。


■今日のお話は、

・人には基準がある。昼食はすぐに決められても、
 「家族or仕事」という意味ではなかなか考える機会がない。

・答えはないが大切なことは、自分で納得感を持つこと。

・そのためには、自分にとっての
 「最も大切なこと」は何なのか考えることではないか。

・その結果、難しい選択を自信を持ってできるヒントになるのでは。

という内容でした。


今日も皆様にとって良い一日になりますように。
【本日の名言】
自分自身の心に降りていくと、
自分の本質と、
自分のあり得るべき姿が見える。

           ジェミーマ・ウィルキンソン

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。