500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「メイド・イン・ジャパン」クオリティの信頼性

95号2014/07/18更新

■おはようございます。紀藤です。

最近、LCC(格安航空)の登場により、
安く、気軽に海外にいけるようになりました。
というわけで、先日家族でマレーシアに行ってきました。

初めて訪れたのですが、そこで感じた
「信頼の大切さ」について今日は共有したいと思います。


■マレーシアは、1957年にできた、新しい国。
まだ建国から50年ちょっとしか経っていません。

マレー系、華人系、インド系と、
様々な民族が居住しており、宗教も様々。
恐らく、日本のような島国とは文化が違うのだろうと、
何となく想像はしていました。


■基本的に、道を教えてくれたり、
接する上でも優しい方が多く、私は好きな国の一つになったのですが、
こと商売になると全く別の印象を受けました。

屋台で買い物をしたり、
タクシーに乗ったりするのですが、

「オニイサン、コレ、完璧なニセモノね」
と中国系の商人から明らかに怪しい財布を勧められたり、
「そこまでだと20リンギットだね」
とタクシーで通常の3倍くらいの料金をふっかけられたり、
お店で、明らかに壊れている商品が売られていたり、
などなど、圧倒的な商文化の違い(?)を肌で感じました。


■もちろん大切にするものが違うので、
「ふっかけられる」「何とか稼ごうとする」からといって、
その国がいいとか悪いとか言えるものではないと思います。

しかし、多少なりとも、「印象」が残ることも事実。

もちろん、これが全てではないことは承知ですが、
商売において、「質より量」「売ってしまえば勝ち」的な印象を、
私は感じてしましました。
(ちなみに、あくまでも一部分しか見ていない私の個人的な感想ですので、悪しからず)


■そして、このような心理的な影響について
アメリカのベストセラーであり、弊社の研修の一つにもなっている
「スピード・オブ・トラスト」という書籍において、
「信頼」という言葉を使って説明をしています。

恐らく、皆さんも好きなブランドや、
好きな企業や、また好きな国があると思います。

「〇〇の商品なら大丈夫だ」
「〇〇ならきっとうまくやってくれるだろう」
というようなイメージでしょうか。

それは、その人や、ブランド、企業の
従業員や商品などが私達に与えた影響や、された行為などによって、
私たちは、「信頼」できるかどうかを無意識に判断している、
と述べています。

「信頼できる」と思えば、よりそのサービスを選んだり、
人に勧めたり、即決で購入したり、
スピードを高め、コストを下げます。

逆に「信頼できない」と感じれば、
疑ってかかり、購入にも時間がかかり、
買わないほうがいいと友人に勧めます。
スピードが下がり、コストが上がります。

そしてそれは人やブランド、企業だけでなく、
市や州、そして「国」にも同様に働く、
と言われています。


■日本では、お金をぼらないことは常識ですし、
嘘をつかなかったり、仕事も勤勉であることが、
基本的に「当たり前」とされているように思います。

その「当たり前」とする文化が、
「日本製はよい」という評判につながり、
日本のメーカーの信頼性を高めているのかもしれません。

それは、私達一人一人が周りに対してやっている行為、
例えば「海外の人に道を聞かれた際に対応方法」や、
「飲食店のアルバイトの人の接客態度」、など小さなことと思われることが、
波のように伝わり、周囲に影響を与えているのでしょう。

しばしば、新宿や秋葉原などで、
「『メイド・イン・ジャパン』は信頼できる」
と海外の人が電化製品を大量に買っていくのを目にします。

中国の人が曰く、
「日本は、ニセモノを売っていないから、安心して買える」
からだそうです。

「日本の製品は信頼できる」
とよく耳にすることはありましたが、
今回、改めて体験いたしました。


■グローバルグローバルと言われている世の中で、
国として何となく自信を無くしてしまっている印象がある昨今ではありますが、
「日本が世界に与えている強み(信頼されていること)は何なのか」を
改めて知ることが、世界の中の日本として、
とても大切なのではないかと一国民として感じた次第です。


■今日の話は、

・とある国では、「ぼる」「ふっかける」は一つの商文化。

・何かの行為や与えられた影響により、私達は「印象」を持つ。

・それは「信頼」と呼べるもので、人やブランド、国にも働く。

・日本の製品は質が高い、逆にある国は質が低い、
 と言われるのも、その国や企業が行った行為や、与えた影響により形作られている。

・グローバルと言われる世の中だからこそ、自分達の与えている強み、弱みを知ることが
 大切なのではないか。

という内容でした。


今日も皆様にとってよい一日になりますように。
【本日の名言】
企業のブランドは、個人で言えば評判にあたる。
評判は、困難なことを上手にやろうとすることによって得られる。

ジェフ・ベゾス(アマゾン・ドット・コム創業者)

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。