500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

7つの習慣は、とりあえず出来なくてもいい

30号2014/04/12更新

■おはようございます。紀藤です。

暖かくなったと思ったら、また肌寒くなり、
なんだかよくわからない感覚。
桜は葉桜になり、少しずつ季節は変わっているんだなと思う今日この頃。

4月という1つの節目に
自分自身をより良い方向に変える方法を、最近特に考えます。

今日は少し広いお話になりますが、
「7つの習慣」を学ぶ意義について、本日はお伝えしたいと思います。
■色々な方とお話をさせて頂いていて、

「7つの習慣は素晴らしいんですけどねー。
 実際やるとなると、なかなか難しいですよね汗」

というご意見をよく頂きます。
そして、書籍を読んで、

「なるほど!じゃあ、やってみよう」

と思っても、実際に行動に移すのはなかなか難しい、
そして、もし行動に移せても、途中で挫折してしまう・・・
というお話もしばしば耳にします。


■これについては、
言ってしまえば元も子もないのですが、
習慣化はとても難しい、まさしくその通りだと思います。

そんなに簡単に習慣にはなれば苦労はないので、
「知っていると出来る」との間には、大きな壁があると思います 。

知っていても、出来なければ、
自分の周りの環境が変わることはありません。

しかし、同時に
「知らないと知っている」の間にも、
大きな、大きな隔たりがあると思うのです。


■7つの習慣を学ぶ意義は、まさしくこの点あるのではないでしょうか。

すなわち、
万人に共通する成功する方法(仕事で私生活で望む結果を出し続ける方法)があることを
知っているか否か、ということです。

7つの習慣は、過去200年の成功者の特徴をまとめており、
それを実現できれば、仕事であれ、私生活であれ、必ず人生は向上すると言えるもの。

しかし、その存在を知らなければ、
そもそもそこへ向かおうとすら思わない。

ですから、成功のための適切なフレームを、
まずは知識としていれておくことが大切だと思うのです。

家を建てるときに、設計図を作ってからでなければ、
実際に家を建てることができないように、
なりたい姿と、そのプロセスを頭に描けなければ、
現実に実現する可能性は少ないでしょう。

※これを7つの習慣では、
「知的創造は物的創造に先立つ」という、普遍の原則として表しています。


■7つの習慣は習慣にしてこそ本当の価値が出るもの。

ですが、最初のステップはすぐに全部出来なくとも、
まずは学び、知ることから始めてもよいのかもしれませんね。

「自分の知らない世界がある」と知ることが、
次のステージに行くための最初の一歩になるのではないでしょうか。

少しずつ、良い方向に進んでいきたいものです。


今日も皆様にとって良い一日でありますように。
【本日の名言】
われわれの人生とは、
われわれの思考が作り上げるものにほかならない。

     マルクス・アウレリウス・アントニウス

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。