500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

性格は顔に出る

448号更新

不思議なことに、人と相対したときに、
私達には、「その人がどんな人物なのか」を咄嗟に判断できる、
センサーにようなものがあるようです。


シンプルですが、ドキリとさせられる、
とある小話があります。
【性格は顔に出る】


性格は顔に出る

生活は体型に出る

本音は仕草に出る

感情は声に出る

センスは服に出る

美意識は爪に出る

清潔感は髪に出る

落ち着きのなさは足に出る

(作者不明)
_______

■表面的に上手く取り繕ったつもりでも、

”その人がどういう人なのか”

というのは、一挙一動に何気なく現れるもの。

それを端的に表した文章ですね。


確かに、普段はものすごーく優しいけれど、

・ふとした時、「イラッ」とした視線をいつも放つ
・電話で話した後に、一瞬、舌打ちをしていた

こんなことがあると、一気にその人に対する見方が変わったりしますよね。

人は、非常に高感度のセンサーをもっており、
何気ない行動・仕草から情報を読み取り、
無意識にその人の”人となり”を判断します。


■そして、これは同時に、
「自分自身もそのように見られている」
と言い換えることができます。

自分の何気ない仕草は、
多かれ少なかれ何らかのメッセージを周りに放っており、
時にはそれで自分の欠点から、ネガティブな印象も与えることもある、
ということでしょう。

「おお、それは、恐い。
じゃあ、全く隙がない行動をし続けようじゃないか」

といっても、恐らく超一流の役者でない限り、難しいでしょう。

詳しいところを完璧に統制しようとしても、
本音の部分は大なり小なり伝わるもの、

それが現実ではないかと思います。

(私も本音を一生懸命隠そうとしても、表情や仕草などに現れて、
すぐばれてしまうタイプです 汗)


■シンプルな話ですが、
冒頭の文章のように、結局、

”私たちの行動”は、
”私たちの考え方(あり方)”を表しているにすぎません。

とすると、
私達が真に気を付けるべきは、
もしかすると「表面的な行動」だけではなく、

<私たちの考え方(あり方)>

になるのかもしれません。


「7つの習慣」では、同様のことで
【See-Do-Getサイクル】という言葉で、

”私たちの見方(See)”が
”私たちの行動(Do)”に影響を与え、そして”私たちの結果(Get)”に影響する、

というサイクルが原則として存在している、
と伝えています。

これも「私たちの考え方」が大切、
ということを表した一つでしょう。


■シークレットブーツで身長を高くしても、いつかばれます。

ストライブ・ジャケットを着て、細く見せても、誰かにはばれるでしょう。

表面的に笑顔を見せていても、本音は目つきでわかったりします。

だからこそ、
たとえ難しいとしても
表面的に行動を取り繕うだけではなく、


【”自らの考え方・あり方”を意識し続けようとする「心がけ」】


を日々重ねるこそが大切なのだろうな、と改めて思う次第です。

歴代の数々の偉人が多く言うようなことですが、
それにはやっぱり理由があるのだろうな、と思いながら、戒めと共に。


最後までお読み頂き、ありがとうございます。

今日が皆様にとって、素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
40 歳になったら、
人は自分の顔に責任を持たねばならない

リンカーン

その他のメールマガジン記事を見る

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。